家庭菜園をやってみたい!簡単にできる初心者向けの家庭菜園!

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

「育てるのは難しそう」

「すぐ枯れてしまうのでは?」

「広い場所がない」

初めて家庭菜園に挑戦しようとしたとき、

さまざまな不安がよぎりますよね。

まずは簡単な初心者向けの育てやすいものから始めて、

成功する喜びを感じましょう。

  • 植物を育てる楽しさ
  • 収穫の楽しさ
  • 食べる楽しさ

一度成功したら次々新しいものに
挑戦したくなる魅力があるのが家庭菜園です。

最近では家庭菜園用のグッズはインテリアとしても楽しめ、

おしゃれでかわいい物がたくさんあるので、

ネットやお店で探している時間もかなり楽しいですよ。

スポンサーリンク

家庭菜園初心者さんに!簡単に育つハーブがおすすめ!プランターでもOK!

家庭菜園

ハーブは真夏の暑さや凍えるような寒さが苦手です。

栽培をスタートするなら春と秋がおすすめですね。

春の3月から6月、一年で一番生育が盛んな時期です。

ハーブは広い場所でなくてもベランダやキッチンの窓辺などで育てられるものもあり、
観葉植物のように楽しむことができます。

家庭菜園で、プランターを置くスペースさえあれば、簡単にハーブや野菜が育てられますよ。

自分で育てたハーブや野菜を使った料理、

おしゃれなお皿に盛り付けしたら思わず

「インスタにあげようかしら?」

とテンションがあがりますので、ぜひ育ててみてください。

それでは準備するものを見ていきましょう。

家庭菜園で簡単にハーブを育てるための準備物

(プランター)

100均などでもおしゃれでカラフルな鉢がたくさん売られています。

自分流のものをDIYするのも醍醐味のひとつですね。

ハーブや野菜には水はけが命!

水はけ用の穴があいているか確認が重要です。

(鉢底石)

水はけを良くし根腐れを防止するための石、

プランターの底に敷き詰めて使います。

サイズはプランターの穴より少し大きめの石を用意します。

(栽培に適した土と肥料)

育てるハーブや野菜、肥料によって適した土がかわります。

何を育てるか決めてから、土と肥料を選びましょう。

初めてのときは、お店の人に相談するのが失敗しないコツですね。

(スコップ、ハンドフォーク)

自分が使いやすい物をお好みでOK。

(剪定ばさみ)

切れ味が悪い剪定ばさみでカットすると、幹を傷つけ生育に影響を及ぼします。

(じょうろ)

お好みでOKです。

今は100均でも売られていますね。

初心者さんが手軽に始められるハーブ、料理に応用しやすく育てやすいハーブは?

[ルッコラ]

育ちが早く管理しやすく香りがよいです。

種まきは春~秋、生育は早く育ちます。

生育適温15~25度。

害虫に注意が必要です。

そのままサラダにしても肉料理と組み合わせても美味です。

[イタリアンパセリ]

少量でも香りを楽しめます。

種まきは春3月~5月 秋9月~11月です。

害虫に注意が必要です。

サラダやパスタ、煮込み料理、イタリア料理にあいます。

[バジル]

肥料を切らさないようにします。

冬の寒さに弱く、外では枯れてしまうので室内に入れて育てましょう。

種まきは春4月~5月です。

害虫に注意が必要です。

サラダ、肉料理、魚料理。

たくさん収穫できたら、冷凍にするかバジルソースに挑戦してみるのも楽しいですよ。

[ローズマリー]

乾燥に強く育てやすく1年中収穫できます。

苗から育てることをおすすめします。

植え付けは真夏と真冬はさけ、春か秋に行いましょう。

春~夏に成長が盛んで、害虫の心配はほとんどありません。

ハーブティー、肉、魚料理、料理だけでなく入浴剤やポプリとしても使えます。

家庭菜園で簡単に作れる野菜!収穫後に食べるお楽しみも!

ミニトマト

家庭菜園で簡単に作れる、

実がなるとうれしくなる野菜を紹介します。

[ミニトマト]

生命力が強くすくすく伸びるので支柱を立てましょう。

苗から育てることをおすすめします。

4月下旬~5月に苗が出回ります。

害虫や病気の害が少ないです。

日々の食卓、お弁当の彩りに便利です。

[ラディシュ]

一ヶ月ほどで収穫できます。

春まき~秋まきが向いています。

害虫が付きやすいので注意します。

生でよし、煮てよし、いろいろな料理にお好みで使えます。

[ミニキャロット]

実がなるまで少し時間がかかり、約70日ほどで収穫できます。

種まきは春3月~4月 夏7月~9月が理想です。

初心者さんは夏まきの方が育てやすいですね。

温かい時期は害虫に注意が必要です。

甘みが強く生食がおすすめです。

まとめ

家庭菜園でハーブや野菜を育てることは、意外と簡単なんです。

でも過去の私は失敗続きでした。

なぜかというと、お店の人に相談せずに始めたためでした。

初心者さんの失敗しないコツは、

何といってもお店の人に相談することですね。

ハーブや野菜は生き物です。

可愛がりすぎてもダメ、放りっぱなしでもダメで、子育てに通じるところがあるようです。

日々、見守ってあげることをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする