タオルにも寿命がある!?何年で交換すべきなのかとリメイク術を紹介

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

タオルってどれくらいの期間使っていますか?

賞味期限とか使用期限がはっきり決まっているわけでもないし、

柄がお気に入りだったりすると、

捨てるのももったいない感じがするし…

いつ交換すればいいのか、

正直わからない方も多いのではないでしょうか?

ここではそんなあなたの為に、

タオルの交換の目安や、

古くなったいらないタオルのリメイク法をまとめました!

スポンサーリンク

タオルの交換の目安とは?古いタオルを使い続けるデメリット

タオル

タオルの交換の目安について、

まずはわかりやすく期間で表すと、

もって一年のようです。

ただ、使用する回数やお洗濯する回数等で

タオルのいたみ具合も変わってきますので、

おおよその目安としてください。

肌触りがゴワゴワする、

薄くペラペラで吸水力も落ちたと感じれば、

それが「替え時」と思ってよいのではないでしょうか?

タオルの交換時期をまとめてみると下記のようになります。

・お洗濯を30回したら

ホテルのタオルは30回お洗濯したら取替えなんだそうですよ。

あの上質のフワフワ感を保つにはこの回数で取替えてるからなんですね。

・一年使ったら

タオルはもって一年のようですので、

ご自身で年が明けたら新しいタオルにするというルールを作るのもよいですね。

新年に新しいタオルを使うのも気持ちも新たに頑張ろう!

という気にもなりそうです。

・タオルが以下のようになったら替える

1.生地が薄くなってきた。

2.ゴワゴワして当てると少し痛い感じがする。

3.黒いポツポツがある

4.赤っぽくなっている

3の黒いポツポツはなんと黒カビなんです!

これでカラダやお顔を拭いていると…

想像しただけで嫌ですよね。

体にカビをくっつけているのと同じなので、

皮膚の弱い方やお子様も肌が荒れたり、

ニキビや吹き出物が思いもよらないところに出来たりするみたいです。

4の赤っぽくというのは黒カビの手前のもです。

黒カビもそうですが、この赤っぽいのも普通の洗濯では落ちません。

出来れば黒カビになる手前のこの赤っぽくなる前に、

新しいタオルに変えましょう。

カビを体につけるなんてどう考えても良いはずありませんからね。

他には自分は使えるけど、

お客様にはとても出せないというタオルも交換する目安になるようです。

いらないタオルを使ってリメイクしましょう!

タオル

古くなってしまったタオルをそのまま捨てるのは、

少しもったいないなと思いませんか?

特にお気に入りのタオルだったりすると、

ゴミと一緒に捨てるのは忍びないですよね。

ここでは古くなったタオルのリメイクの方法のご紹介をします。

1 雑巾

これは定番っちゃ定番ですね。

雑巾は何枚あってもいいものです。

またお子様の学校でも必要だったりするので、

一番手軽で使えるリメイクの仕方かもしれません。

2 タオルのトートバック

プールや海に行く時に水着やバスタオル等を入れるトートバックです。

濡れた水着など水分を吸い取ってくれるので便利です。

3 赤ちゃんのスタイ

これ、筆者もやりました。

何枚あってもいいものです。

新しいけど柄の可愛いタオルでも作りました。

赤ちゃんがいるご家庭やこれから赤ちゃんが生まれるご家庭におすすめ。

4 ペットボトルホルダー

夏場は特に冷たいペットボトルの飲料を外で飲む機会も多いと思いますが、

タオル生地で作ると吸水性がいいので、便利ですね。

5 はたき

高いところをお掃除する「はたき」をタオルで作ってみてもかなり優れものになるようです。

タオルの繊維がホコリをしっかり取り除いてくれます。

他にも使い捨てのお掃除シートやバスローブなどにもリメイクできます。

まとめ

あんまりタオルの交換って意識して決めていなくて、

また決められた期間みたいなものもないので、

ついついそのまま使ってしまいがちではないでしょうか?

ゴワゴワしていて肌触りの悪いタオルよりも、

新しく柔らかいタオルの方が心もふかふかになりそうですよね。

筆者も此れを機に、

まずは子供のタオルから取り替えようと行動を始めました!

まずは新しいタオルをGetから!

古いタオルのリメイクはまずは一番簡単な雑巾になりそうです(笑)

皆様新しいタオルで心をふかふかにしてあげて、

そしてご自分にあったリメイク法を見つけてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする