習い事をさせるなら英語で決まり!いつから始めるのが効果的!?

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

「自分の子どもにはこんな大人になってほしい」

そんなことを考える親御さんは多いかと思います。

最近では私たちが学生の時とはまったく違う授業が多く、

びっくりすることもありますよね。

例えば小学生のうちに英語の授業があったり、

中学高校でプログラミングの授業があったりするんです。

一方、こんな大人になってほしいと願うから習い事をさせるのではなく、

生き抜く知恵をつけるために習い事をさせるという人も、

最近では多いのではないでしょうか。

現在、子供の習い事で人気なのは英語なのだとか。

つまり習い事の英語を始めるのはいつからがいいかというと、

ずばり子供のときから始めた方がいいということです。

では、なぜ英語は子供のうちから始める方がいいのでしょうか?

スポンサーリンク

習い事で人気の英語!子供から始めた方がいい理由

習い事をする子供

なぜ、習い事が沢山ある中でも、

英語が人気になったのでしょうか。

それは2008年から小学校でも英語教育がはじまり、

子どもの英語教育への関心が高まったからです。

さらに英語の授業は今までは5~6年生だけだったのですが、

今では3~4年生から始まっています。

英語が話せたら将来有利になると考える人も増えていて、

英語が人気になったのかもしれませんね。

そんな習い事での英語ですが、

小さいうちから習わせる人が多いんです。

中でも子供が3歳から5歳くらいに、

英語を始める人がとっても多いんです。

よく子供のうちから英語を習わせたほうがいい、

という声が多いのはどうしてなのでしょうか?

それは子どものうちから習わせる方が子どもにメリットが多いからなんです。

例えば英語に対する抵抗感が小さいうちはないので、

すんなり受け入れられるとか、

英語耳を育てることができるとか、

歌やダンスを通して英語は楽しいものとして認識させることができる、

などと言われているんです。

確かに子供のうちから楽しく学ぶことで、

「英語=難しい」という考えにはならずに済むかもしれません。

早い人では生まれた時から子供に英語のCDを聞かせて、

英語に慣らしているという人もいます。

ただ英語に苦手意識がない子供であっても、

英語は嫌だという子もいます。

そんな子には無理に英語を習わせるのではなく、

楽しい英語の教材を見せるのも手かもしれません。

子ども番組の英語のコーナーを見せて、

楽しいものと思わせるのです。

そうすることによって、

英語を自分から習いたいと思ってくれるかもしれませんね。

習い事の英語、一般的な月謝は?

アルファベット

英語を習わせたいと思うなら、気になるのは月謝ですよね。

どのくらいの値段が相場なのでしょうか?

習い事の英語と言っても種類が沢山あります。

グループレッスンをする教室もありますし、

1対1のプライベートレッスンをする場合もありますよね。

最近ではスカイプを使って自宅で英会話できる、

オンラインの英会話教室もあります。

どれがいいかを選ぶのも迷ってしまうくらいですよね。

そんな時は子供さんの性格に合わせて選ぶといいでしょう。

たとえば子供さんが友だちと一緒にワイワイするのが好きなら、

グループで英語を学ぶ方がいいでしょうし、

友だちと一緒に学ぶのは恥ずかしいと言うお子さんは、

先生と1対1がいいですよね。

そうやって子どもに合わせた教室選びをしてみてはいかがでしょうか。

月謝は平均的に6,000円から8,000円ほどと言われています。

講師がネイティブの人かどうかでも違ってくるようです。

この月謝の他に教材費や年会費などもかかってくることもあるので、

月に1万から2万くらいかかることも多いみたいですよ。

スカイプでの英会話教室は月額3,000円程度で一番リーズナブルでした!

自宅で出来ることもメリットですし、

子供の学ぶ姿を実際に見ることも嬉しいですよね。

まとめ

習い事って、お子さんにプラスになることが多いんです。

英語を習わせる人が多いのは、

今後の将来に向けてと考える人が多いようですね。

英語を話せるだけで、

人生の選択肢が確実に広がりますから。

そのためにも子供のときから英語に触れあうことで、

苦手意識を少なくするというのは効果的ですね。

だからこそ英語を習うのはいつから?といえば、

今です!

子供が子供である今のうちに、英語を習いましょう。

また英語を習うにしても月謝なども様々ですし、

習い方も色々あります。

お子さんに、そして家計にもピッタリの教室を、

ぜひ探してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする