伸びたTシャツを縮める方法を徹底解説!自宅で首周りがきれいに復活

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

お気に入りのTシャツの首周りが、

ビローンと伸びてくるとがっかりしますよね。

私なんかお気に入りなだけに、

伸びてくるのが嫌だからあまり着ずに、

大切にしまっていましたよ。。。

でも大丈夫です!

伸びたTシャツを自宅で縮める方法があるんですよー!

この方法さえ知っておけば、

これからもお気に入りのTシャツをどんどん着ることができます。

というわけで今回は、

首周りが伸びたTシャツを縮める方法を解説します。

スポンサーリンク

Tシャツの伸びた首周りはもう元に戻らないと諦めていませんか?

ナイロンやビニールなどは違いますが、

木綿や麻などのいわゆる生地というものは細い糸を編み込んで作っているものです。

縦糸と横糸の組み合わせで出来ています。

毛糸の編物と同じですね。

Tシャツの首周りや裾などがビロ~ンと伸びるというのは、

その編み込みが緩んでいるということになります。

均等に編み込まれていたものが、

無理やり変な方向に引っ張られることで不均等になり、

伸びた感じになってしまうのですね。

中には繊維が切れてしまったということもあり得ますが、

一般的には伸びた繊維は元の均等の間隔に戻せば良いということになります。

だからね、

Tシャツの伸びた首周りは戻らないと諦めなくてもいいんです。

伸びたTシャツの首周りは縮められるんです。

tシャツは熱湯で縮む性質がある!伸びた首周りの修正方法とは

伸びたtシャツを見る女性

Tシャツの襟もとがビロビロになるのは、

頭を入れるために横に引っ張った状態で着るからです。

購入したばかりなら繊維も元気ですので、

少々引っ張られても元に戻ろうとする力が強いです。

しかし何度も引っ張られたり洗濯したりしているうちに、

繊維も少しずつ劣化していきます。

やがてTシャツの首周りがビロビロになったまま、

戻ることができなくなってしまうという訳です。

復活させるためには、まず首周りを縦に引っ張ってあげます。

縦糸と横糸が均等に編み込まれていなければいけないのに、

アンバランスになってしまったのがビロビロの原因です。

なので縦に引っ張って、均一になるようにしてあげます。

木綿などの繊維は熱で縮む性質がありますので、

アイロンの熱でスキマ部分をフォローしてくれます。

スチームをあててもいいですよ。

アイロンは縦を意識してあてるようにしましょう。

Tシャツを干す時も、ちょっと気を使いましょう。

洗濯して濡れた状態で首周りを引っ張るように干すと、

そのままの形で乾いてしまいます。

逆さまに干すか、

ハンガーにかけるのなら二つ折りにして、

首元に負担がかからないように干してあげると、

伸びにくくなりますよ。

洗濯する時も首周りにゴムを巻いて、

洗濯ネットに入れると、伸びにくくなります。

お気に入りのTシャツだからこそひと手間、

ふた手間かけて長く着られるようにしましょうね。

それでも長く着ていると色は褪せてきますし、

古い感じになるのは否めませんよね。

この古ぼけた感じが味があっていいのよね、

という人もいるかもしれませんがある程度の劣化は避けられません。

Tシャツはいろいろアレンジもできますので、

そのまま捨ててしまうのはもったいないですよ。

首周りの伸びたのがもう元に戻りにくいと感じたのなら、

思い切って首周りと袖を切ってしまってタンクトップにしてはいかがですか?

切りっぱなしでも大丈夫ですが、

気になるという人は少し折り返してミシンでダーと縫っちゃいましょう。

その他、バッグにしたりペットのお洋服にしたりもできますよ。

最終的には適度の大きさに切って雑巾にしましょう。

Tシャツは水をよく吸うので拭き掃除などに使うのに最適です。

まとめ

干してあるtシャツ

Tシャツの首周りが伸びても、

あきらめるのはまだまだ早いです。

今回ご紹介した、

伸びたTシャツを縮める方法をぜひ試してみてください。

普段、Tシャツにアイロンをかけるということはあまりしないでしょうが、

アイロンとアイロン台さえあれば劇的に伸びた部分が復活してくれるんです。

簡単ですので、

あきらめる前にぜひ一度試してみて、

お気に入りのTシャツを長く着て楽しみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする