毛虫がついたら衣服にも毒がつく!?洗濯してしまったときの対処法!

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

お洗濯が終わった洋服に手を通すのって、

とっても気持ち良いものですよね。

良い香りがして、

洗濯はお母さんの香りって思うくらい大好きでした。

梅雨が終わり夏になると、

洗濯物をお外で干すというご家庭も多いですよね。

乾いた洗濯物を家に運び入れるとき、

虫が付いてるってことありませんか!?

虫がいたらせっかくの洗濯物も、

また洗いたい気持ちになってしまうかもしれません。

小さい虫ならまだいいかもしれませんが、

それが毛虫だとしたら…?

考えると気持ち悪くなってしまうのは、

私だけではないはずです。

しかも毛虫の中には毒を持つ種類もあります。

もし毒をもつ毛虫が洋服にいたら、

どうしたらいいのでしょうか!?

対策があるのでしょうか!?

今回は毛虫が洗濯物に付いていたときにどうすべきか、

についてご紹介しますよ!

スポンサーリンク

毛虫の毛がついたら危険!毒毛がついた洗濯物の対策とは!?

干している洗濯物

もし洗濯物に毛虫がくっついていたら、

それを取れば安心なのでしょうか。

実はそんなことはないんです。

というのも、

毛虫の毛が洗濯物についている場合があるんです。

もし毛虫がついた洗濯物があったとしたら、

毛を落とす必要があります。

毛虫の中には毒針毛があるものがあり、

正直素人だとどれが毒のある毛虫か分かりません。

なので毛虫がついていた場合は、

種類がわからずとも毛を落としておきましょう。

まずは洗濯物に掃除機をかけて吸い取りましょう。

これでOKと思ってしまいがちですが、

不安な場合にはコロコロやガムテープでペタペタしましょうね。

目に見えていなくても毛虫がいた周辺は、

特に念入りに取るようにした方がいいでしょう。

そしてその毒毛が取れた後に洗濯をします。

毒毛をそのままにして洗濯してしまうと、

他の衣類にまで毛がついてしまうので要注意です。

洗濯をするときは他の衣類と一緒に洗ってしまうのもNGですよ!

面倒でなければ手洗いで洗うといいですね。

そのときは毒毛が取れていない場合を想定して、

ゴム手袋をつけることを忘れないようにしてくださいね。

洗濯機で洗う場合は、

乾燥機を利用するといいでしょう。

乾燥機は細かいチリなどが、

再度洗濯物につかないようにする構造になっています。

なので毛をしっかりと落とすことでできるんです。

毛虫が洗濯物についていると動揺してしまいますが、

落ち着いてすれば対策はとっても簡単なんですよ。

家にあるもので毛虫を駆除する方法はある?熱湯に効果があった!

お湯を沸騰させている

毛虫って一体どこからくるのかって分かりませんよね。

どうしてこんなところに!?

って意表をついたところにいるものです。

そんな毛虫に太刀打ちはできないのでしょうか?

実は家庭にあるもので、

毛虫を簡単に駆除することができるんです!

毛虫がついてしまうと、

「この洋服捨てた方がいいのかな」

と思う人がいますが、それはSTOPです!

お洋服がかわいそうですよ!

洗濯物についた毛虫の駆除には、

熱湯をかけることが最大の効果があったんです。

というのも毛虫の毒は熱にすごく弱いんです。

50℃以上の熱で毒が無効化すると言われているんですね。

つまり熱湯をかけるだけで、

毒とはおさらばできるという訳なんです。

では熱湯をどう使ったらいいのでしょうか?

先ほど、毛虫が洗濯物についたときの対策についてご紹介しましたよね。

そのときに洗濯機で洗うと言ったのですが、

そこを50度くらいのお湯で手洗いするのです。

少し熱いと思うかもしれませんが、

この熱さで毒がなくなると思えば我慢できますよね(笑)

そして手洗いが終わってから洗濯機に入れて、

再び洗うようにしてください。

最後に洗濯が終わり、

しっかりアイロンをかけて再び熱を加えることでダメ押しです!

これで毛虫の毒毛の駆除は完璧ですよ!

まとめ

毛虫が洋服に入っているなんて、

考えるだけでゾッとしますよね。

それで刺されてしまったら、

トラウマになってしまうでしょう。

今後は毛虫のチェックをして、

今回ご紹介した対策をすれば完璧です。

ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする