お風呂の鏡の曇り止め対策、これで絶対雲らない鏡に?

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

お風呂の鏡って、いつも曇っていて使えた試しがあまりない。

と感じているのは私だけではないはず!

どうしてお風呂の鏡ってあんなに曇るのか?

すっきり、スカッとキレイにする方法はないの?

と、お悩みの方にとっておきの対策をご紹介します。

スポンサーリンク

お風呂の鏡の曇りはこれが原因!

そもそも鏡というものは熱が伝わりにくいガラスでできているため、周囲の温度より低くなりやすいものなのです。

お風呂の室温が充分上がっているのに、鏡を触ってみたら冷たかったという経験が在る方もいらっしゃるかと思いますが、実はこのためなんですね。

その気温差が水蒸気を発生させて、鏡にくっついた結果、曇ってしまうというわけです。

そして鏡が曇ってしまう、もう一つの原因が「水垢」です。

水垢は、毎日お風呂に入ることによって蓄積される汚れのこと。

こちらの汚れは蓄積されているだけあって、場合によっては汚れを落とすのに少々時間がかかることもあります。

さぁ曇りの原因は水蒸気と水垢ということがわかったら、対策をしましょう!

それではその対策方法をご紹介しますね。

お風呂の鏡の曇りの取り方の決定版!これだけで鏡の曇りは取れる!?

水蒸気等の鏡の一時的な汚れや曇り止めには、石鹸やボディソープ、シャンプーやリンスなどを鏡に塗り、使用後に流します。

その際は流し残しがないようにしましょう。

新たな曇りの原因になってしまいますので。

まぁこれば簡単、手間いらずなので手軽にできそうですね。

それと、これは私も目からウロコだったのですが、ジャガイモを切って鏡にこすりつけるという方法もあります。

口に入れても安全なので、小さなお子様がいるご家庭には安心してできる方法ですね。

蓄積された水垢汚れを取るには、一時的な汚れを取る場合よりも時間と手間が必要となります。

水垢はアルカリ性なので、酸性のクエン酸や、酢水スプレーを使うと汚れが落ちやすくなります。

他には、ご家庭にも必ずある歯磨き粉やクリームクレンザーを鏡に塗って、乾いた布で優しく拭くだけでもキレイになります。

これらは研磨剤が含まれているため、やりすぎると鏡に傷がついてしまいます。

こすり過ぎないように布で拭くときは、優しく拭いてあげてください。

お風呂の鏡の汚れが落ちてピカピカになったらしっかり曇り止め対策を!

曇り止め対策として、液状合成のりを鏡の表面に塗り、水で流して布で拭くことも効果ありです。

のりが湿気を吸収してくれるので、曇り止めの役割を果たしてくれます。

この効果は場合によっては数日間も続くことがあるようなので1回試してみるのも良いかも。

市販の曇り止めグッズを使うことも選択肢に入れてみましょう。

鏡の汚れを取るためのウェットシートも最近色々ありますが、曇り止め効果があるものも出ているようです。

あとは思い切ってプロの業者に頼んでみること。

専門業者なら充分満足できる汚れ落しと曇り止め対策をしてくれるはず。

自分の時間と労力も削らずに済むので、利用してみることも方法の一つです。

まとめ

原因と対策を盛りだくさんご紹介してきましたが、まとめると、

  • 普段から鏡を拭いて水垢をつけないようにする。
  • お風呂上から上がった後は水分を拭きとって換気をして、汚れが溜まらないようにする。
  • たまには専門業者に頼んでみる。

これらを日頃から実践し、習慣にしてしまうことが一番の楽な方法かもしれません。

もちろん余裕があれば専門業者に頼むこともいいと思います。

一日の疲れを癒すお風呂タイムに曇りのないキレイな鏡があると、一日の疲れも労われるのではないでしょうか。

鏡をきれいにするとココロもキレイに洗われるような気がしますね。

普段からちょっと一手間かけて、鏡だけでなくココロもキレイを維持しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする