子供の抱っこっていつまでするの?ママのお悩みにお答えします!

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

赤ちゃんの頃は、当然のようにしていた抱っこ。

いやいや違った、

赤ちゃんの時から抱っこしすぎると抱き癖がつくよとか、

ばあちゃんと同年代の人に言われてました。

しかーし、今と昔は違います!

と筆者は心の中で堂々と言って(笑)スルーしてましたが、

そうとも思えず、言えずで、

不安を抱えている方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は

「抱っこがいいのか悪いのか?」

「いつまでには辞めなくちゃいけないのか?」

とお悩みの方へ、抱っこについて解説いたします。

スポンサーリンク

子供が抱っこをせがむけど、子供のためにはどうすれば?

母親と子供

前述しましたが、

筆者のじーちゃんばーちゃん世代の人たちは、

赤ちゃんを抱っこしすぎると抱き癖がつくからよくないって言ってました。

抱っこしないと赤ちゃんなんて永遠に泣いていそうなものなのに。

でもでもご安心を、

今は抱き癖なんて気にしなくていいからドンドン抱っこして良いんです。

お母さんや、義理のお母さんに言われてもその場ははいはいと言って、

古い考えなんだなと思ってにこやかにスルーしていいと思います。

実は筆者も赤ちゃんの健診で保健師さんにこう言われて救われたんです。

育児書でも抱っこすることは推奨されていますから、

求められた時は抱っこやぎゅーをたくさんしてあげてください。

幼稚園や小学校に行くようになってもそれは同じ。

子供が団体生活入ると、

楽しいとはいっても今までよりもストレスを感じているはずです。

子供なりに頑張って過ごしているのだから、

不安な時、寂しい時、悲しい時に大好きなママに抱っこされれば安心してまた頑張れるもの。

抱っこされることによって子供が安心して精神が安定します。

もしせがまれた時に出来なかったら、

「後で抱っこするね」

と約束して、必ずその約束は守ること。

約束をしっかり守ることによっても子供は安心します。

すると段々色々な事を理解し、

聞き分けがよくなります。

「もう大きいんだから抱っこなんてしてたら恥ずかしいよ」

「赤ちゃんじゃないんだから抱っこはできない!」

といって拒否しても、

子供は余計にせがんできて逆効果です。

抱っこをせがむことをやめることは、

子供が決めてくれます。

ですので抱っこをせがむうちは抱っこ、

もしくはぎゅーを存分にしてあげてください。

抱っこは何歳までしてあげてもいいの?

抱き合う男女

抱っこをやめる時期は子供が決めてくれます。

「○歳までやめなくてはいけない」

と決めると、ママ自身が苦しくなってしまうのではないでしょうか?

2~3歳までの子供が抱っこをしてほしがる理由は、

「甘えたい」「疲れた」「眠い」「不安」「寂しい」

ということが上げられます。

「疲れた」という理由は体が疲れただけでなく、

心も疲れています。

こんなとき、自分はどうでしょう?

抱っこをせがむわけがなんとなくわかりますよね。

大人でもこれらの理由があれば精神も不安定になったりして、

大好きな人にぎゅーってされると安心すると思うんです。

子供は感受性が豊かですから、なおさらです。

「サイレントベビー」という言葉は聞いたことありませんか?

わんわん泣いていても抱っこをしてもらえなくて、

それが続いて泣くことを諦めてしまった赤ちゃんは、

泣かなくなり、笑わなくなり、無表情になってしまうことがあるそうです。

無表情の赤ちゃんなんて、

考えただけでもかわいそうじゃないですか?

泣くの当たり前、きゃっきゃつと笑うのが当たり前、

の赤ちゃんがそれを手放して無表情になってしまって、

そのまま大人になったらどうなるでしょう?

言葉の発達が遅れたり、

コミュニケーションが取れない大人になる可能性が高くなるとも言われますが、

その他にも様々なあまりよく無い影響が出てきそうな気がします。

逆に抱っこを存分にしてもらった子供は自立が早いと言われます。

ママや家族の愛情をしっかり注いでもらっている子供は、

団体生活で何かあっても強くいることができるそうですよ。

愛情が不足していることは満たされず、

ストレスをためているので問題を起こしやすくなってしまうといわれます。

抱っこは甘やかしとは違います。

小学校になっても男の子は特に、

外では言わなくても家では抱っこや膝の上に乗ってきたりします。

せがまれているうちは、

何か理由があってママと一緒にくっついていたいという心理の表れですから、

可能な限り応えてあげてほしいな思います。

まとめ

いかかがでしたか?

まさに今、筆者の子供は小学校2年生の男の子ですが、

未だに抱っことか膝の上に乗ってきたりまします。

体も小学校4、5年生に間違われるくらい大きくなっているので抱っこはキツイのですが、

たまに本人の筋力でしがみつかせて(笑)やってます。

こうすると少しラクなので。

友人の子供も同じ年齢の男の子ですが、

やはりまだまだ抱っこしますね。

実家に行ったときに抱っこするとやはり、

冗談交じりにじーちゃんばーちゃんがなんだかんだ言ってますが、

私がスルーするので子供もスルーして抱っこされてます。

繰り返しになってしまいますが、

抱っこは甘やかしでなく、

ドンドンしてあげていいものです。

逆に筆者は自分からも抱っこやぎゅーを子供にせがみます。

すると子供の方からは、

必要以上にせがむことはなくなってきました。

学校での楽しかった出来事も、

嫌な思いをしたこともよく話してくれるようになりました。

親に対して信頼と安心をしてくれているんだと思います。

なんやかんやと言われると不安になってしまうママもいるかと思いますが、

この記事で一人でも多くのママさんの抱っこについての不安が解消されれば幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする