ワイシャツの襟汚れや黄ばみが気になる!簡単にできる落とし方!

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

日々家事をこなす主婦の方は、

お手軽に家事ができればと思いますよね。

家事が一休みできる時間を増やしたい!

と思うのは当然なことでしょう。

実は家事で面倒なのは洗濯だと言う人が多いんです。

中でもワイシャツの汚れをどうしていいのか、

と悩んでいる人は多いです。

クリーニングに出せば早いのですが、

クリーニングに毎日出すと経費がかかってしまいますよね。

では自宅では、

ワイシャツの汚れや黄ばみをどうにかすることはできないのでしょうか。

今回はそんな主婦の人が悩むワイシャツの襟汚れや黄ばみについて、

徹底的に調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

そもそもワイシャツの黄ばみの原因は?防ぐ方法があるのか調査してみた!

ワイシャツ

ワイシャツって知らない間に黄ばみが出てくることってありますよね。

洗濯してきれいにしていたはずなのに・・・

と思うこともあるでしょう。

そんな黄ばみの原因って皆さんご存知ですか?

実は黄ばみの原因は皮脂だったんです。

というのも、ワイシャツについた皮脂が酸化することで黄ばんでしまうという訳なんです。

(皮脂というのは人のあぶらのことで、完全に落としきるのは難しいんです。)

黄ばみの元になる汚れは繊維の奥深くに入り込んでいるので、

普通の洗濯では落ちずらいです。

さらに皮脂は40度~50度くらいで落ちるのですが、

洗濯機の水はそんなに高温ではないので、

汚れが落ちずらいのも理由なんですね。

では黄ばみは防ぐことができないのでしょうか?

答えは

「ある」んです!

ワイシャツを洗った後に、

襟元にベビーパウダーをつけるんです。

沢山つけると男性は不快感が出てしまうかもしれませんが、

ポンポンと少量つけるだけでもOKです。

ベビーパウダーは皮脂や油を吸収してくれる力があるので、

黄ばみを防いでくれるんです。

ドラッグストアにもあるので、簡単に手に入ります。

育児に使用している人がいたなら、

少し襟元に使ってみてもいいかもしれませんね。

襟元の汚れを防ぐテープみたいなものを販売しています。

もしベビーパウダーを使うことに抵抗があるという方は、

販売されているものを使ってみた方がいいかもしれませんね。

テープは無色透明なので、まったく目立ちませんよ!

しつこいワイシャツの黄ばみ…クリーニングに出すしかないの?

ワイシャツの襟の黄ばみ

黄ばみが出てしまったら、

諦めてクリーニングに出してしまう人が多いはずです。

先ほども述べたように水温が40度~50度と聞き、

家庭では無理かと思う人もいるでしょう。

でも実は家庭でもワイシャツの黄ばみを撃退することができるんですよ!

クリーニングの前に是非試してみてください!

まず黄ばみレベルがあまりひどくないという場合は、

汚れている部分をぬるま湯でぬらしてください。

そこに食器用洗剤を直接塗って、

手もみで洗ってください。

(もし歯ブラシがある場合は、襟元を歯ブラシでゴシゴシ洗ってください。そっちの方が綺麗になりますよ。)

そのあとはぬるま湯で食器用洗剤を洗い流し、

いつものように洗濯機に入れてください。

そうすることで軽めの黄ばみは取れますよ。

黄ばみレベルがもっと強い場合は、

先ほどご紹介した方法に加えて、漂白剤を使ってみてください。

ぬるま湯の中に漂白剤を入れて、つけ置きしてください。

その後は先ほどと一緒に洗濯機で普通に洗ってみてくださいね。

こうすることで黄ばみを撃退することができます。

クリーニングを考える前に、

自宅でできることに挑戦してみた方がいいかもしれませんよ。

まとめ

いかがでしたか?

日々使うワイシャツの黄ばみって厄介ですよね。

けど原因をつかむことで、

意外に撃退方法って分かってくるものなんです。

是非一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

旦那さんも黄ばみもない綺麗なワイシャツだと、

仕事のやる気も違うはずですよ。

感謝されてしまうかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする