スニーカーの臭いを取る方法って?気になる臭いを何とかしたい!

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

外に出るのが気持ちのいい季節になったら、

カジュアルな格好をして飛び出したいですよね。

お出かけするのには歩きやすいスニーカーがいいですよね。

最近はスニーカーもおしゃれなものが多いですし、

何足か持っているという人も多いのではありませんか?

しかしスニーカーも何回も履いていると

ちょっと臭いが気になりますよね。

靴を脱いだ瞬間になんだか足元から妙な臭いがする。

友達の家に行った時に恥ずかしい

と思っている人もいることでしょう。

そこで気になるスニーカーの臭いを取る方法を解説しますね。

スポンサーリンク

スニーカーの臭いがなかなか取れない!そもそもにおいの原因は何?

お気に入りのスニーカーだからこそ毎日でも履きたいですよね。

でもスニーカーが臭うと履くのをためらうこともありますよね。

特に人のお家に行った時や、

みんなで座敷のお店に行った時などに恥ずかしいですよね。

せっかくのお気に入り、気持ちよく履きたいものです。

そもそもスニーカーの臭いの原因は足汗や皮脂をエサに繁殖した雑菌、

湿気が大好きなカビなどです。

実は足の裏というのは汗腺が多く、汗をかきやすくなっています。

猫や犬の肉球と同じで汗をかいて体温調節をしています。

手のひらも同じですが、手は洗ったり空気にさらされやすいので、

臭うことはあまりありません。

でも足は靴や靴下で密封状態なので、汗をかいても乾きにくいです。

そしてスニーカーの中で汗や皮脂をエサにして、

雑菌が繁殖して臭いを発生してしまうという訳です。

プラス汗などの水分がスニーカーの中の湿度をあげて、

カビまで生えちゃうのです。

スニーカーに雑菌が繁殖すると臭いだけでなく、

雑菌も家の中に持ち込むことになりかねませんよ。

スニーカーの臭いを消すには?試して欲しい洗い方と消臭方法!

汚れたスニーカー

スニーカーが臭ってしまうのは、ある程度は避けられません。

スニーカーに限らず靴というのは密閉状態なので、

汗をかきやすいのは仕方がありませんものね。

ではスニーカーの臭いはあきらめるしかない?

いいえ、対策を施せば何とかなるものです。

まずはスニーカーをこまめに洗いましょう。

出来れば履く度に…と言いたいところですが、

雨の日に靴がぬれた、すごく汗をかいたという日の後は、

なるべく早めに洗うようにしましょう。

洗い方は、固形石鹸を付けてよく泡立てて、

40℃ぐらいのお湯に漬けながらブラシで隅々までこするようにしましょう。

これでよくすすいで天日干しでもOKなのですが、

臭いがきつい場合は漂白剤につけ置きしましょう。

バケツに50℃ぐらいのお湯を入れて、

漂白剤(粉末タイプがいいそうです)をいれて1時間ぐらいつけ置きをしたら、

よーくすすいで天日干しをします。

においの原因は雑菌ですから、雑菌が繁殖しないことが肝心です。

雑菌は湿度が高いところを好みますので、

スニーカーを洗った後は良く乾かすようにしましょう。

そんなに洗ってばかりいられないという人は、

普段から消臭に気を付けるのも一つの方法です。

出来ればスニーカーを2足から3足用意して、

一日履いたら、履いたスニーカーの中に新聞紙などを丸めて入れて

湿気を取り除くようにしましょう。

今日履いたスニーカーは靴箱に入れずに

風通しの良いところに置いておくというのもおすすめです。

次の日は他のスニーカーを履くというようにローテーションすれば、

臭いは気にならなくなります。

消臭スプレーや中敷きを使うのも効果的です。

後は素足で履かない、足を良く洗う、

靴下は5本指のものがおすすめなども行うようにしましょう。

まとめ

鼻をつまむ女性

スニーカーの臭いは洗ってきっちりと乾燥させればかなり軽減できます。

においの元は雑菌です。

雑菌は乾燥に弱いですから、

濡れたり汗をかいた後は

よく乾かすということを心がけましょう。

ハンディタイプの消臭スプレーを持ち歩いたり、

靴下をこまめに変えるなどをすれば、

スニーカーを脱いでも恥ずかしい思いをしなくて済むかもしれませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする