小学生の雨の日の靴は何がいい?雨に負けない登下校対策!

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

子供が幼稚園のうちは幼稚園バスを利用したり親が送迎するので、

雨の日でも、そこまで濡れたりすることもありませんでした。

しかし、小学校にあがれば登下校も自分で歩いて行くようになります。

そこで気になるのが小学生の雨の日の登下校ですよね。

靴は何がいいの??雨に負けない登下校対策って??と、

いろいろ考えて少しでも濡れないようにと工夫ができるならしたいですよね。

パラパラ雨が降っている程度なら、そこまで気になることもありませんが、

雨が強ければ強いほど通学にかかる時間に関係なく子供たちは濡れてしまいます。

今回は、我が家の子供たちが雨の日にどうしているのか、

周りの子供たちはどうしているのか等、

雨の日の通学対策についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

小学生が雨の日に通学するって結構大変!みんな靴はどうしてるの?

我が家から小学校まですごく近いので、

子供の足でも10分かからないくらいです。

それでも小学生が雨の日に通学するって結構大変なんです。

我が家の子供たちが通う小学校では、

一番遠い子だと家から小学校まで30分くらいかかる子たちもいます。

雨の日に30分かけて通学すれば、

やはり靴や靴下が濡れてしまったりします。

これを想像すれば小学生が雨の日に通学するって

結構大変なんだというのがなんとなくわかりますよね。

小学生って雨の日、みんな靴はどうしてるの??と、

小学校入学前の子供を持つママから聞かれることも多いです。

雨の日には長靴を履けば…と思っても、

小学校の下駄箱を思い浮かべてみて下さい。

長靴だと下駄箱に入らないですよね。

そこで、私が子供たちに履かせていたのが、

長靴と同じ素材でできたスニーカーです。

形はスニーカーと同じなので下駄箱に入らないという心配もないですし、

雨が靴にしみて靴下まで濡れてしまうということもありません。

子供たちの友達でも雨の日はそういった靴を履いて

登下校している子を見かけます。

雨が強かったり、その時の雨の降り方によっては多少は濡れてしまうこともありますが、

それでもスニーカーを履いていくよりはるかに良いですよ。

小学生にできる雨の日対策!濡れない工夫と歩きやすい方法!

雨の水たまり

靴を長靴と同じ素材でできたスニーカーにする他に、

小学生にできる雨の日対策には何があるんでしょうか??

濡れない工夫と歩きやすい方法はあるんでしょうか。

雨の日の登下校で気になるのは足元だけではありませんよね。

ランドセルを背負って必要な時には手提げかばんを持って通学するので、

ランドセルや手提げかばんが濡れてしまったりというのも気になりますよね。

小学生にできる雨の日対策で、

私が子供たちに濡れない工夫としてさせているのがランドセルカバーです。

傘をさしていてもランドセルはどうしても濡れてしまいます。

そこで役に立つのがランドセルカバーです。

ランドセル全体を覆うタイプのものもありますが、

それだと少し面倒くさいと感じてしまうかもしれません。

なので私は子供たちにランドセルのかぶせの部分だけを覆うタイプのランドセルカバーを、

晴れの日でもつけっぱなしにしてあります。

かぶせの部分は一番濡れる部分でもありますし、

ランドセルを使っていると傷がつきやすい部分でもあるので、

私は雨の日には雨の日対策として、

晴れの日でも傷がつきにくくするようにするためにつけっぱなしにしてます。

雨の日だけつけるというのも、

つけたり外したりとなかなかの手間になりますが、

つけっぱなしであればその手間も省けますし、

さらには急な雨のときでも安心です。

雨の日は傘があるので、

それだけでも子供にとっては歩きづらくなってしまいます。

それに加えて手提げかばんがあると、

手提げかばんが濡れないように気をつかうので、

余計に歩きづらくなってしまいます。

なので、私は雨の日に手提げを持っていかなければならない時は、

ビニール製やナイロン製の雨がしみにくい手提げを持たせるようにしています。

それでも気になるときには、

手提げかばんをビニール袋に入れて持たせるのもいいと思いますよ。

手提げかばんやランドセルが濡れるのを気にしなくていいだけでも、

子供たちは歩きやすくなるようです。

まとめ

青い長靴とカエルの人形

雨の日の登下校は、

ただでさえ傘があって煩わしく感じてしまいがちです。

靴が濡れてしみてくると、

靴下まで濡れてしまって気持ち悪さも感じます。

そんな時に役立つのが、

長靴と同じ素材でできたスニーカーと同じ形の靴です。

これであれば、下駄箱に入らないという心配もありませんし、

靴が雨に濡れて靴下まで濡れてしまうという心配もありません。

私は、傘も少し大きめの傘を持たせて登下校させるようにしています。

大きめの傘を持たせることで子供はもちろん、

ランドセルや荷物も雨に濡れにくくすることができるのでおすすめですよ。

あとは、傘も可愛いデザイン・かっこいいデザインのもの等いろいろありますが、

1面だけでも透明になっているものにすることで、

子供にとっては前が見やすく歩きやすくなるので、

持たせてあげるといいかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする