同棲したら連絡なしは当たり前になる?破局しないためのルール作り!

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

彼との同棲生活は彼との時間が増えることにも繋がりますし、

楽しみも多いですよね。

その反面で不安に思うことが出てくることもあるかもしれません。

その不安要素の1つに連絡の頻度が低くなることが挙げられることも多いです。

同棲したら連絡なしは当たり前になるの??と、

不安に思っている人も少なくありません。

連絡なしが当たり前になればマンネリ化してしまって、

最悪は破局なんてことになるかもしれない…という不安に繋がっている人もいます。

だったら、破局しないためのルール作りをしてしまいましょう。

スポンサーリンク

同棲すると連絡って減るものなの?どうして連絡しなくなる?

彼との同棲生活で2人の時間が増えたり、楽しみなことはたくさんあります。

私も、漠然と同棲生活には憧れがありましたし、

初めて同棲した時は本当に幸せな気持ちでいっぱいでした。

しかしその反面、やはり不安もありました。

友達や先輩から「同棲すると本当に連絡なくなるよー」って言われていたので、

それがマンネリ化に繋がってしまうんじゃないかと不安だったんです。

私のように同棲すると、連絡って減るものなの??

どうして連絡しなくなるの??と、

不安な気持ちを抱いている人も少なからずいると思います。

どうして連絡が減るのか…

その答えは、連絡しなくても毎日顔を合わせるからです。

急用であれば連絡を取りますが、そうでなければ

「帰れば顔を合わせるし、わざわざ連絡しなくてもいいや。」となってしまうんです。

それが連絡が減る大きな原因なんじゃないかなと思います。

しかし、これは彼だけに言えることではなくて、

自分にも言えることだと実感することもありました。

実際、私が初めて彼と同棲していた頃は、

最初のうちは連絡を取る頻度も同棲前と変わりませんでした。

それが少しずつ、お互いに

「帰ってから話せばいいや。」という気持ちから連絡しなくなったんです。

毎日顔を合わせるから今わざわざ連絡をしなくても…となっていたんです。

同棲は2人の時間が増えるなどのメリットもあれば、

デメリットもあるということを理解しておいた方がいいのかもしれませんね。

私の場合は、友達や先輩から連絡とらなくなるよー!!と、

デメリットを教えてもらっていたにも関わらずどこか他人事で、

何の根拠もないのに自分は大丈夫と思い込んでいました。

でも、それが当時の彼と破局を迎えることになったのかもしれません。

同棲したら連絡のルールを決めたい!破局せずに仲良しでいられる工夫!

コップに歯ブラシ2本とタオルと葉っぱ

同棲にはメリットとデメリットがあるというのは先ほど触れましたよね。

でも、デメリットに関してどうにもできない!!と諦める必要はありません。

どんなデメリットがあるのかわかっているなら、その対策を打つことができます。

連絡が減るというデメリットがあるなら、連絡が減らないようにするんです。

そのために、同棲したら連絡のルールを決めたい!!と彼に提案してみましょう。

例えば、帰りの時間だったり、食事の用意がいるのかいらないのか等、

相手にも負担にならない程度のルールを決めておけば連絡が極端に減る心配もなく、

こっちが知りたいこともわかりますよね。

1日の中でお互いに別々の時間を過ごすことも出てくるのが当たり前です。

そんな時、何の連絡もないまま何時に帰ってくるかもわからない。

帰りが早いのか遅くなるのかさえわからない。

なんてなれば、不安にもなります。

そんな不安が積もりに積もれば、いつの間にかその不安が不満に変わり、

不満が溜まれば、それがすれ違いになって破局という結果になることも

可能性としてはありえます。

破局せずに仲良しでいられる工夫をすることで、

同棲することに対する不安が解消されることにつながるとも言えます。

私は、破局を迎えた彼で学んだ部分もあったので、

旦那と同棲することになったとき、

こんな時には連絡をするというルールを作りたいと提案し、

お互いに負担やストレスにならない程度にルールを作っていました。

そのルールのおかげか、結婚して11年ですが今でも最低限の連絡はとりますし、

時には子供とのくだらないやりとりだったり、些細な出来事でも動画を送ったりして、

1日に数回ではありますが、旦那が仕事の日は連絡のやりとりがあります。

まとめ

ドット柄のカップ2個

どんな事でもメリットとデメリットがあるように、

同棲をすることにもメリットとデメリットがあります。

しかし、どんなデメリットがあるのかがわかっていれば、

そのデメリットをクリアするために対策を考えることができます。

同棲することで考えられるデメリットは連絡を取らなくなることです。

そのことに対する考えが彼と自分の間で温度差があるとすれば、

それがきっかけですれ違いが生じる可能性も考えられます。

そこで、連絡が減ることに抵抗を感じる、

不安を感じる、という自分の気持ちだけを相手に押し付けると、

相手にとってはストレスになってしまうこともあるので、

そんな時は、こちらからの提案として、こんなルールを作るのはどう思う??と、

相手に判断を委ねてみるのもいいですね。

その話し合いの中でお互いにストレスにならない程度のルールを設けることで、

マンネリ化を防ぎ、仲良しでいられるという結果に繋げることも可能になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする