アパートの騒音に関する苦情は誰に言う?うるさいご近所トラブル!

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

アパートの騒音トラブルは大きなストレスですよね。

上の階や隣の家の騒音が気になる時、

誰に苦情を言えばいいのでしょうか?

本記事では、

騒音に関するご近所トラブルの解決方法について徹底解説します!

スポンサーリンク

アパートの騒音あるある!?子供の声や音が気になるのは誰に言えばいいの?

子供の声や掃除機の音などの生活音、足音など、

ある程度は仕方ないと思っていても度が過ぎると迷惑ですよね。

そんな騒音トラブルで困った時、

どのような対処をすればいいのかまとめてみました!

  • まずは管理会社か大家さんへ相談を

騒音に関する苦情は、まず管理会社か大家さんへ相談しましょう。

騒音の発信源が分からなくてもアパート全体に注意喚起のチラシを配ってくれたり、

掲示板に張り紙をするなどの対処をしてくれるはずです。

常識のある人であれば、それだけで自覚して改善してくれます。

また、誰が苦情を言ったのか他の入居者にバレないように配慮してくれますので、

今後のご近所トラブルも防げます。

  • 直接本人に苦情を言いに行くのはNG

「騒音の原因が分かっているのなら、直接本人に苦情を言いに行くのが

手っ取り早いのでは?」と、思うかもしれません。

しかし、苦情を言ったことで逆切れされたり、

逆恨みなどから嫌がらせを受けたりするなど、

今後のトラブルに発展する可能性もあり、

あまりおすすめできません。

  • よっぽどの場合は、警察への通報も考えて

基本的には、こうしたご近所トラブルに関しては、

警察は介入できません。

管理会社や当事者同士で解決する必要があります。

しかし、よっぽど非常識で悪意のある場合や、

再三の警告にも応じてもらえない場合、

苦情を言ってきたことに対して逆切れしてきた場合などには、

警察への通報も考えておきましょう。

引っ越さずにアパートの騒音問題を解決したい!意外と手紙が有効だった!

耳をふさぐ女性

前述の通り、直接苦情を言いに行くのは、

逆切れや逆恨みなどのリスクもありおすすめできません。

ですが、管理会社や大家さんが対処してくれても、

なかなか解決しない場合もありますよね。

そんな時は、手紙で注意をするという手段もあります。

騒音の発信源が分かっている場合には、

管理会社や大家さんからの注意よりも効果がある場合もあります。

  • 手紙は匿名性がある

手紙で注意を呼びかける場合、

差出人の名前を書かなければ誰が出したのかバレることがないため、

直接苦情を言いに行くよりも安全です。

また、手紙を受け取った側にとっては管理会社から注意を受けるよりも、

深刻な問題として認識してくれる確率が高いですね。

  • 感情的にならず、冷静に伝えられる

直接苦情を言いに行った場合、

気まずくて思っていることが上手く伝えられなかったり、

感情がヒートアップして言い合いになってしまったりすることもありえます。

その点手紙だと、冷静に言いたいことを伝えることが出来ます。

  • どんな騒音に困っているのか、具体的に書ける

何時にどんな音が、どれくらいの大きさ・頻度で聞こえてくるかなど、

騒音の実態について具体的に伝えることができます。

騒音の発信現本人は、

「そんなに近所に音が響いているなんて気づいていなかった!」

という人も多いので、

具体的な時間や音について伝えることが出来るのはとても有効です。

このように、手紙で苦情を伝えることが有効な場合もあります。

ただし、差出人がバレてトラブルの原因になる可能性もありますし、

文章の受け取り方も人それぞれですので注意が必要です。

まずは管理会社や大家さんにしっかり対処してもらい、

解決してもらえることが一番ですね。

まとめ

アパート

  • 騒音の苦情はまず管理会社か大家さんへ!直接苦情を言いに行くのはNG。
  • なかなか解決しない時には、手紙も有効。冷静に、具体的に伝えよう!

騒音に耐えられず、自分が泣く泣く引っ越しするなんてことがないように、

色々な対処方法を考えていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする