ウールの縮みを復元するには?おしゃれ着洗いの失敗を取り戻す方法!

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

ウールの衣類をいつもと同じように洗濯してしまい、

縮ませてしまった!と、

お困りではありませんか?

寒い時期になると弾力に優れ、

シワになりにくく保温性に優れているウールは、

いろいろな衣類に使われています。

しかし、いつもと同じように洗濯してしまうと縮んでしまいます。

洗濯機から出した瞬間のガッカリ感は大きいですよね。

でも、安心してください。

元に戻す方法があります。

ウールの縮みを復元する方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ウールの縮みがリンスで直せる!?ウールの特徴をいかした裏技!

お気に入りのセーターなど、

小さくしてしまった時はとてもショックですよね。

しかし、あきらめずに直す方法を試してみましょう

ウールの特徴をいかし、

直す方法があります。

ここではリンスでの直し方をご紹介したいと思います。

人間の髪に使うリンスで直せてしまうのです。

家で簡単にできますし、

1度ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

1 洗面器や洗面台にぬるま湯(30℃)を張り、

リンスを2~3プッシュします。

そして、良く溶かします。

ここでの注意は、お湯の温度です。

温度が高すぎると繊維がさらに縮んでしまいます。

シリコン成分には詰まってしまった繊維を

ほどいてくれる効果があります。

リンスを選ぶ場合は、

「ジメコチン」「アモヂメコチン」といった

シリコン成分が含まれるものを選んだほうがいいでしょう。

2 全てがぬるま湯に浸るように入れます。

30分程そのままにしておきます。

その時に動かしたりすると繊維が傷つく可能性があるので、

触らずにそのまま浸しておきましょう。

3 軽めに脱水しましょう。

すすぎはしなくてもいいのでネットに入れ、

洗濯機で1分ほど脱水してください。

リンスはついたままでも構いません。

洗濯機を使う方法以外には大きめのタオルで包み、

水気を取っていきましょう。

4 伸ばして干します。

伸ばしたい方向に引っ張り整えます。

ハンガーや平干しをします。

また、伸ばしたいサイズや形に厚めの段ボールを切り、

そこに着させて固定したまま乾かします。

この方法は横方向には伸びにくいですが、

長さを元に戻したい場合には効果的です。

なぜリンスが効果的かというと、

ウールの表面は鱗片でおおわれています。

人の髪の毛ように鱗状になっているため、

他の繊維に比べからみやすく、

毛玉になってしまいやすいのです。

このようにウールは人の髪の毛と構造がよく似ています。

そのため、傷んだ髪に潤いを与えるリンスが効果的なのです。

髪の毛もシャンプーした後は少しきしんでいますが、

リンスをすると潤ってくれますよね。

人の髪の毛と似ているという

ウールの特徴をいかした方法です。

ウールの縮み対策!この方法で縮みや型崩れにさよならできる!

白いセーターとグレイのマフラー

ここからは、ウールを洗う時の方法を紹介します。

ウールは水分を含んだ状態で洗われるとからみ合い、

かたくなってフェルト状になってしまいます。

洗う時は洗濯機ではなく手洗いがおすすめです。

1 洗面器や洗面台にぬるま湯(30℃)を入れ、

おしゃれ着用の中性洗剤を溶かします。

2 すすぎ用のぬるま湯を作っておき、

2分ほど押し洗いで洗剤を落とします。

3 やさしく絞り、水気を取ります。

4 大きめのタオルを用意し、それに包み、さらに水分を取っていきます。

この段階で、しっかりと水気を取るようにしましょう。

5 形を整え、干します。

まとめ

タオルとリンス

調べてみると、「縮んでしまったのを直してほしい」という依頼が

クリーニング店には多いそうです。

ウール100%などの場合は、

クリーニング店にお任せした方が安心かもしれません。

全く同じ長さまでは戻せないかもしれませんが、

自宅でも直せる方法はあります。

絶対に縮ませたくないという方は、

表示をしっかりと確認し、

洗い方に気を付けましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする