ゴキブリの赤ちゃん対策!どこからくる?大量発生する前に駆除したい

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

ゴキブリが得意な人ってあまり聞いたことがないですよね(笑)

私も苦手です…。

男性でも虫好きな人はいますが、

ゴキブリだけは無理!

なんていう人もよく聞きます。

それぐらい、気持ち悪い印象が植えつけられているのです。

ゴキブリというワードさえ聞きたくなくて、

友達との間ではGと呼んでいました!

できるのであれば、家にゴキブリが出るのは避けたいですよね。

いや、絶対に避けたいです。

そもそもゴキブリ対策はみなさん何かされていますか!?

実は、ゴキブリの赤ちゃん対策をすることが、

ゴキブリ対策の上では一番大切なのです。

そこで今回は、ゴキブリの赤ちゃんがどこからあなたの所へやって来るのか、

またその駆除の仕方を紹介します!

是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ゴキブリは赤ちゃんから対策が必要!どこからやってくるの?

ゴキブリの赤ちゃんが発生すると、

そこにはゴキブリの卵がたくさんあるということを表しています。

つまり、これから成長したゴキブリが、

うじゃうじゃ姿を表す前触れを表してもいるのです…。

うぅ、考えただけでも気持ち悪いですよね。

成長したゴキブリを駆除する前に、

赤ちゃんのゴキブリと卵を駆除することが

とても重要なのです。

では、ゴキブリの赤ちゃんは、

どこからやってくるのでしょうか!?

みなさんが一番に考えるのは、

やはりキッチンですよね。

それも正解です!

一番ゴキブリに遭遇する場所は、

やっぱりキッチンです。

冷蔵庫の裏や下、

キッチンの死角である角などからやってくるのです。

まだまだありますよ~…。

洗面所も大好きなゴキブリですので、

洗濯機の下から出てくることもあります。

湿気がえさになってしまうのです。

段ボールの下も要注意!

段ボールを動かしたらゴキブリがササッと逃げ出した!

なんていう経験はありませんか?

段ボールも湿気を発生させやすいので、

ゴキブリにとっては好都合の場所なのです。

いろんな場所に卵があり、

ゴキブリの赤ちゃんが生まれてやってくるのです。

以前、テレビのインタビューで北海道民の人たちは、

ゴキブリを知らないということを放送していました。

寒い地域にはゴキブリは合わず、

発生しないようです。

なんとも羨ましい話です…。

みなさんも、湿気対策をしっかりとして、

水分や熱が大好物なゴキブリとは

おさらばしましょうね。

ゴキブリの赤ちゃん対策のやり方!駆除する時のポイントは?

キッチン

まずゴキブリの赤ちゃん対策はスプレーが効果的です。

私も春になると大量にスプレーを購入し、

頻繁に撒いていますよ(笑)

おすすめは、キンチョーの

『ゴキブリがいないくなるスプレー』です。

ネーミングからして、

いい感じではないでしょうか?

ゴキブリが発生しそうなキッチンや洗面所に

2週間に一度撒くことで発生を防ぎます。

また、駆除にも使えるのです。

スプレーの薬剤に触れたゴキブリを駆除できるのです!

赤ちゃんのゴキブリを見つけたら、

速攻スプレーをしましょう。

我が家はこのスプレーをもう3年使っていますが、

3年間ゴキブリを見ていません!

自身をもっておすすめしたいスプレーです。

ゴキブリホイホイも大変有名ですよね。

もう定番商品です。

ゴキブリホイホイはゴキブリの赤ちゃんもしっかり捕獲してくれます。

しかし、私は苦手です…。

だって捕まっていたらもちろんありがたいことですが、

その死骸は見たくありません…。

なので、やっぱりゴキブリ自体を見なくてすむ

スプレーが本当におすすめですよ!

電気を点けたら、カサカサと出てきた!

なんていう最悪な経験をしたこともありますよね。

しっかりと駆除をして、

ゴキブリの赤ちゃんは退治しましょう!!

まとめ

殺虫剤

ゴキブリは赤ちゃんであっても見たくないものですよね。

卵から生まれてくる赤ちゃんは大量です…。

キッチンの冷蔵庫裏や冷蔵庫下、洗面所、段ボールの下など

湿気の多いところに発生しやすいです。

湿気対策をしなければいけません。

また、赤ちゃんのゴキブリが発生しないようにスプレーも効果的です!

駆除にももちろん使えますので一家に2本は欲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする