コートの汚れは自宅で落とす!簡単クリーニング法や予防法を解説!

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

寒くなってくるとコートの出番が増えますよね。

お気に入りのコートをタンスから出してきて、

毎日のように着ているという人もいることでしょう。

でもコートは一番外側に着ていて汚れることも多いですが、

簡単に洗濯できるものではありませんよね。

一度着るたびにクリーニングっていう訳にもいきません。

しかしせっかくのお気に入りのコート、

冬中はきれいな状態で着こなしたいですよね。

そこでコートの汚れを自分で簡単に落とす方法をご紹介しますね。

スポンサーリンク

コートの首元の気になる汚れ!自宅でできる落とし方は?

コートの汚れで気になるのは衿や袖口の黒シミでしょうか?

他には泥ハネもありますか?

それにシーズン中着ていると、

匂いなども気になりますよね。

クリーニングに出すのが一番確実ですけど、

毎回ではお財布にも優しくないし、

第一クリーニングに出している間、

着ることができないですよね。

ちょっとした汚れ程度なら、

自宅で自分で簡単に落とすことができますよ。

まずはコートについている衣類取り扱いのタグを確認しましょう。

コートと一言で言ってもいろんな素材があります。

「水洗い厳禁」と表示されているものは、

自宅でクリーニングはちょっと難しいです。

また絹や皮革の素材もプロに任せた方が無難です。

それ以外の素材で、水を使って汚れを落とす方法を解説しますね。

①おしゃれ着用洗剤を水で薄めた液を作る(水4L:おしゃれ着用洗剤10mL)

②汚れを取りたい部分の下に乾いたバスタオルなどを敷く

③①をしみこませて硬く絞ったタオルで汚れ部分を叩く

④バスタオルに汚れが移るようにする

⑤水を含ませたタオルを硬く絞って洗剤が残らないように叩く

⑥ドライヤーやアイロンはNG。輪じみになる可能性あり

⑦輪じみにになったら水をスプレーして汚れを乾いたタオルに移す

とにかく根気よくコツコツとしましょう。

ゴシゴシすると繊維が傷んじゃう上、

汚れを広げてしまったり中途半端に落ちたりします。

焦らず、汚れを乾いたタオルに吸い取らせる

といったイメージでしましょう。

コートに汚れを付けたくない!おすすめの防止方法とは?

コート5着

自宅でのプチクリーニングで応急処置はできますが、

できるなら汚さないに越した事はありません。

でもコートは外に着ていくもの。

お部屋の飾りじゃないのだから、

どこでどんな汚れがつくかわかりませんよね。

なるべく汚れがつかないように対策を練っておきましょう。

①コートを脱いだらブラシなどでブラッシングをして埃を落としておきましょう。

②コートに不織布をかけておきます。コート専用の不織布も販売されています。

③汗や汚れはすぐに取るようにしましょう。

④湿気がこもらないようにしましょう。クリーニングのビニールはすぐに外すようにします。

⑤防水スプレーや衣類の除菌スプレーを振っておくのも一つの方法(素材に注意)

⑥襟や袖口が汚れないようにマフラーや手袋をしてもいいですね。

とにかくコートは飾りじゃないのですから、

汚れを100%カットすることは不可能です。

汚れは早期発見、早期対処で長く美しさを保つことができます。

まとめ

白シャツ7枚

汚れを発見したら

・おしゃれ着用洗剤を水に薄めた液で叩くようにして汚れを落とす。

・水洗いがOKな素材なら優しくもみ洗いでも良い。

汚れを防止するためには

・帰ったら汚れを落とすようにして不織布をかけておくようにする。

・湿気がこもらないように注意!

・防水スプレーや除菌スプレーを振っておくのも一つの方法。

毎日のちょっとしたことで気持ちよくオシャレを楽しむことができるのですから、

ぜひやってみる価値はあると思いますよ。

ひどい汚れや水洗いができない素材のコートは、

自分ですると大変なことになる可能性がありますので、

その場合はクリーニングに出して、

「ここが汚れている」ということを伝えるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする