くせ毛にとって湿気は大敵!梅雨にも負けない髪型ベスト5

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

雨の日が続いて、晴れてもモワッとした空気に嫌気がさす梅雨の時期。

外に出たくないほどの憂鬱な時期…

家の中でも湿気があったりと。

湿気は女の子にとって大敵です!

どんな髪の毛の長さでも、梅雨の時期は髪の毛が膨らんでしまいます。

それは毛量、髪の毛の太さなど関係しますが、

「毎朝ブローなんてできない」

「髪の毛が伸びてきて、縛ってもモワッとしてしまう」

などなど、もう大変。

皆さんの叫びが聞こえてきます。

わかります、わかりますよー。

私の髪はくせ毛で、しかも太いので、梅雨の時期は絶対に外に出たくない。

でもね、季節に左右されずに、髪の毛がボサッとしない方法があるんですよ!

というわけで、おすすめの髪型アレンジ法を紹介しちゃいます。

スポンサーリンク

湿気でもしっかりキープ!髪型アレンジベスト5

ショートヘアアレンジ

  • パーマをかける

毛先だけでも、全体的にでも、パーマをかけるのもいいですよ。

遊び心もあって、オシャレに見えて、湿気対策だなんて気がつきません。

水パーマなら濡れたときは普段の髪型に戻りますが、乾かすとクルンとなります。

私も梅雨の時期に水パーマを実践しました。

「湿気で逆にごちゃごちゃになるのでは?」

なんて思われますが、大丈夫です!

程よいパーマになり、ゆるふわになるんです。

初めてのパーマをかけるなら水パーマを私はおすすめします。

  • サイドをねじる、編み込む

パッパッパッとできるヘアアレンジの王道ですね。

パーマなしでもできるワザです。

根元がしっかりしている方、くせ毛の方は、根元がぼわんっとしてしまいがちじゃないですか?

寝坊したときなんかは、ささっとサイドをねじったり、編み込んだりしてピンで留めればOK!

髪の毛が細い人はアレンジしたときに、指先で髪の毛の束を少しずつ形を整えながらボリュームを出してあげてもいいですね。

少しはねた毛先が更に魅力的に見えたりもするので、悪いことばかりではないんですよー。

ボブヘアアレンジ

  • ツインテール

幼く見えてしまいそうですが、高い位置で結ばなければモダンで可愛い女の子の雰囲気に、一気になれます。

少し毛先をアイロンで巻いてもいいでしょう。でも火傷にはご注意を。

前髪は眉上やワンレン、ぱっつん前髪、シースルーバングなどなど、どんな髪型にも似合います。

元気な女の子になれたり、ちょっとモードなお姉さんになれたりと雰囲気は様々に。

ボブは一見難しそうですけど、本当に色々アレンジが利くのでおすすめですよ。

自由自在に縛ったり、ピンで留めたりもできる長さなんで。

「ショートは似合わないなぁ」

「ショートにするには抵抗がある」

そんな方はボブスタイルにされる方が多いと思います。

私もその中の1人なので。

  • お団子ヘア

定番のお団子ヘア。

男性からの支持もあり、ハーフアップでのお団子ヘアは特に人気があるようです。

「ボブでお団子ヘアにするのは難しいんじゃない?」

いえいえ、大丈夫です。

後れ毛があった方がむしろいいのです。

落ちてきてしまう髪の毛が嫌という方、ぜひ挑戦してみてほしいです。

雰囲気も湿気対策も万全なので!

どうやるかというと、

まず、ラフに髪の毛をまとめて、ラフにお団子にします。

そして少しずつ毛束をすくい、形を整えながらボリュームを出してあげます。

これで完成!

難しくないでしょ?

ていうか、簡単ですよね。

私も雨の日はお団子ヘアです。

ロングヘアアレンジ

  • 小物で遊び心を

梅雨の時期に髪の毛が長いと「縛るだけ」という考えがありました。

しかし、今は色々とヘアアレンジが楽しくなるアイテムが沢山あります。

スティックバレッタ、かんざし、コンチョポニー、ヘアバンドなどなど。

例えば、くるりんぱを3回ほどに分けて右、左、右の順にしていきます。

そしたらルーズ感を出して、1つの束にまとめてポニーテールにします。

そこにスティックバレッタをします。

これだけでも完成!慣れれば2〜3分でできるようになります。

どうしても時間がないの!

というときは、ヘアバンドに髪の毛を入れ込んだり、髪の毛全体にワックスをつけて、コンチョポニーでポニーテールなど様々なアレンジが楽しめます。

バナナクリップを使うときは大きめサイズを選んでみてください。

ビジューや布がついたバナナクリップで上手くごまかせます。

湿気でも髪型をしっかりキープできるコツとは?

どうしてもヘアアレンジだけでは限界がある。

アレンジなしでも髪型をキープできないかな?

なんてお悩みを解決する方法。

それは髪の毛を洗った後、乾かすときから始まっています。

むしろそこで髪型が決まるといっても過言ではありません。

地肌からしっかり乾かす

上から下へ

髪の毛を少し引っ張りながらドライヤーを近づけすぎずに斜めに向けて乾かす

冷風で形をつける

はい、これ全部大事ですからねー。

皆さんはどこからドライヤーをあてますか?

意外と多いのが、地肌を乾かさない人。

根元から形はついてきます。

生乾きの場合寝ている間に寝癖としてついてしまい、膨らんでしまうので要注意ですよ。

そしてトップから毛先に向けて乾かします。

全体的に少し乾かせたら引っ張りながら、上から下へとドライヤーを斜めにして乾かします。

それだけでも形は整い、ボサッとした髪の毛もおさまってきます。

最後は冷風で完成です。

これも少し引っ張りながら冷風をあてましょう。

どうでしょうか?

簡単でしょ?

昼間の対策は軽めのワックスや洗い流さないトリートメントを手のひらに伸ばして、全体的に手櫛で髪をとかす。

これだけで髪型はキープできます。

スプレーで固める時もありますが、固まりすぎて変になるので、私はしません。

自然体がいいので。

スプレーを使う際はクシにヘアスプレーをしてその櫛で髪の毛を梳かします。

それだけでも違います。程よく髪の毛がまとまってくれます。

いかがでしたか?

これで梅雨の時期の髪型も楽しく、気分が沈まず過ごせるのではないでしょうか。

雨の季節だって、女の子を楽しんじゃいましょう♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする