パイナップルで舌がピリピリするのはなぜ!?原因や対策方法を知ろう

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

パイナップルを食べると、

舌にピリピリした刺激を感じることがあります。

パイナップルは香辛料が入っているような辛いものでもないですし、

むしろ甘いものなのになぜピリピリするの??と自分自身が疑問に思ったり、

時には子供に聞かれることもあるかと思います。

そこで、パイナップルで舌がピリピリする原因と、

ピリピリしないようにするための対策を、

ここでご紹介していきます。

スポンサーリンク

パイナップルで舌がピリピリするのはなぜ!?原因は酵素だった!

パイナップルを食べたときに舌がピリピリする原因は、

パイナップルに含まれるブロメリンという酵素のせいなんです。

人間の舌は唾液に含まれるたんぱく質の粘膜によって保護されているんです。

しかし、ブロメリンという酵素には、

たんぱく質を分解してしまう働きがあるため、

その働きによって舌を保護してくれている粘膜のたんぱく質が分解されてしまい、

パイナップルの酸味による刺激で、

舌がピリピリしてしまいます。

痛いような痒いような感覚ですね。

そして、厄介なのは新鮮なものほど酵素の働きが強いため、

新鮮なものであればあるほど、

舌がピリピリしてしまいやすいんです。

新鮮なものを食べられるに越したことはないけど、

舌がピリピリしやすくなる…

なんとも悩ましい問題です。笑

でも、舌がピリピリするのを和らげるための対策もあります。

パイナップルで舌がピリピリしたくない!今すぐ出来る対策

パイナップル

新鮮なものであればあるほど酵素の働きが強いからといって、

熟しすぎたような古いパイナップルを食べるのは、

なんかなぁ…と気がすすみませんよね。笑

だったら、舌がピリピリするのを和らげればいいんです。

簡単にできるとっておきの対策があります。

それは、牛乳やヨーグルトを一緒に摂ることです。

牛乳やヨーグルトには、たんぱく質が多く含まれているため、

パイナップルと一緒に摂ることで舌ではなく、

牛乳やヨーグルトに含まれるたんぱく質に対してブロメリンが働くので、

舌の粘膜の分解が弱まることにつながり、

ピリピリしにくくなるということです。

他には、加熱するのもおすすめです。

なぜかと言うと60度以上の熱によって

ブロメリンの効果が失われるからです。

酢豚に入っているパイナップルを食べたことがある人は、

思い出してみてください。

酢豚に入っているパイナップルを食べても、

ピリピリ舌が痛いような痒いような刺激を

感じたことありますか??

ないですよね。

これは加熱してあるおかげで、

酵素の効果が失われているからなんです。

じゃあ、缶詰めのパイナップルがピリピリしないのはなぜ??

と思われるかもしれませんが、

缶詰めのパイナップルも実は加熱処理がされているので

そのおかげでピリピリしないんです。

酢豚にしても缶詰めにしても、

決して古いパイナップルだから酵素の働きが弱くて

ピリピリしない訳ではないんですよ。

家でパイナップルを食べるとき、

酢豚に入れるにしても全部は酢豚に使わない…という場合や、

酢豚にパイナップルなんて無理!!

という人に試してほしいのは、

両面に焼き色がつくまで焼くだけの

焼きパイナップルです。

温かいパイナップルが苦手な人は、

ヨーグルトや牛乳と一緒に食べてみてくださいね。

まとめ

パイナップル

私自身、パイナップルを食べると

舌がピリピリするのは仕方ない。

そういうものだから、と

疑問に思ったりすることもなかったんですが、

子供たちに聞かれたときに

「そういうものだから仕方ないんだよ。」と、

答える訳にもいかないですし、

子供たちには、

「学校の図書室に、そういう本があるかもしれないから自分で調べてみたら??

それでもわからなかったら教えてあげるから。」と、

その場ではごまかし、

子供たちが寝てからこっそり調べてみたんです。笑

私みたいな経験をしている親御さんは、

意外と多いと思います。

そんな親御さんはぜひ、

この記事で読んだことをお子さんに説明してあげてください。

個人的には、缶詰めが一番手っ取り早くておすすめです。

皮を剥く必要もないですし、

舌がピリピリ痛いような痒いようなこともないですよ。

もちろん、対策をとっても感じ方に個人差はあるので、

誰もが全くピリピリしない!!

とは言い切れませんが、

和らげる方法として効果はあるので、

ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする