春休みの帰省ラッシュ!車と電車はどちらが快適?帰省自体を考える!

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

春休みは学校は宿題の無いお休みだし、

季節も良いし、お彼岸はあるしで、

実家の方へ帰省しようと考えている人もいることでしょう。

しかし気になるのが帰省ラッシュ!

「道路は渋滞するし電車は混んでいる」

「苦労してまで帰らなくちゃいけないものなの?」

「出来たらラッシュは避けてのんびり帰省したい」と、

誰しも思いますよね。

車と電車、どちらで帰省したほうが快適なのでしょう?

そこで春休みの帰省について調べてみました。

スポンサーリンク

春休みの帰省は車?それとも電車?ラッシュを避けやすいのはどっち?

帰省ラッシュ(混雑)が起こりやすいのは、

年末年始・お盆・ゴールデンウィークの順ですね。

やはり休みが長く続く日は、

「実家に帰省しよう」と、

みんな同じことを考えるのでラッシュになりやすいです。

春休みは子供は学校がお休みですし、

卒業して4月から環境が変わる子もいるため、

この機会に帰省して実家の親や親族に挨拶に行きたいと

考える人もいることでしょう。

しかし仕事をしている親の方は年度末で決算などがあり、

逆に春は忙しくて身動き取れないという人も多いのは事実です。

なので年末年始に比べれば、

ゾッとするようなラッシュにはならないことも多いです。

それでもお彼岸の頃や土・日などは混むこともあります。

さらに春になり季節も良くなり、

旅行に行きたいと思う人も増えて混雑することもあります。

春休みに帰省したいと考えている人は、

車と電車、どちらが快適に過ごせるのでしょう?

まず車の場合。

帰省する時に使う高速道路などが観光地方面だった場合、

混雑する可能性があります。

車移動のメリットは、

車は帰省にかかる費用が安く済むこと。

周りに気を使う必要はなく、

自分たちだけの空間で過ごせること。

たくさんの荷物を運べること。

などが挙げられます。

デメリットは、

時間がかかること。

運転がつかれる。

渋滞に巻き込まれると前に進めない。

などがあります。

電車移動のメリットは、

運転しなくていいので楽。

早い。

食事やトイレの心配がない。

などでしょうか?

デメリットは、

料金が高い。

駅まで行かなければいけない。

付いた先の駅から家まで移動することも考えなければいけない。

たくさんの荷物は負担になる。

などですね。

ラッシュの点から考えると、土・日・祭日などを避ければ、

車でも電車でも比較的混んでいないのではないでしょうか?

どうしても日にちが合わないのなら、

電車なら早めに予約席を確保しておけば

座って楽に帰省できるでしょう。

車なら夜中に出発というのもアリですね。

ナビなどを駆使して渋滞情報を把握して行動すれば

何とかなるかもしれません。

いずれにしろ早めの計画を立てた方がよさそうです。

春休みは帰省する?しない?ラッシュが嫌で帰省しない人も!

高速道路での渋滞

春休みは子供にとっては宿題の無いのんびりした休みですが、

大人は一番忙しい時期でもあります。

実家が比較的近い人なら、

ラッシュにあってもほんのわずかですから

帰ってもいいかもしれません。

しかし、実家が遠い人は半日ラッシュに巻き込まれて、

へとへとになって帰っても、

家にいられるのは、ほんのわずかな時間で、

くつろぐ間もないという人が多いです。

春休みに実家に帰省する理由は、

お彼岸や挨拶という人が多いと思いますが、

ラッシュが嫌だという人は、

無理に帰省しなくてもいいかもしれません。

お彼岸の日にちは変えられませんが、

お墓参りはお彼岸でなければいけないということではありません。

何でもない日でもお墓参りをすれば故人やご先祖様は喜んでくれます。

ラッシュを避けたいのならラッシュになる可能性が高い日を避けて

帰省してもいいのではないでしょうか?

まとめ

車のテールランプ

春休みの帰省ラッシュは、

お彼岸や土・日曜日に集中するようです。

春休みにのんびり帰省できるのは学生が多く、

社会人はなかなか休めないものです。

そのことを踏まえたうえで、

早めの計画と予約を取るようにすれば、

電車でも車でもラッシュに合わずに帰省できますよ。

せっかく実家に帰るのなら、

楽しい帰省になるように準備しておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする