ストローマグにカビ?洗いにくいベビーグッズのお手入れ方法を紹介!

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

赤ちゃんの水分補給にあると便利なストローマグ。

最近はたくさん種類もあって、使いやすくなっていますよね。

私も子供が小さかった頃、よく使っていました。

でも、毎日使っていると謎の黒ずみ…

茶渋…

気になった事ありませんか?

頻繁に使うものだからこそ、清潔にしたいものです。

スポンサーリンク

ストローマグの黒ずみはカビ?安全にきれいにする方法を知りたい!

カビのイラスト

子供はよく水分を取りますよね?

求められたときにすぐに出せるように、常にマグを持ち歩いていました。

ある日ふと見ると、ストローに黒いものが…

そう、黒カビでした。

びっくりして、出先で新しいストローマグを買ったのを覚えています(笑)

でも、子供も私もお気に入りだったそのストローマグ。

捨てたくはなかったので、黒カビの除去を試みました!

今は便利ですね。

100均で大体のアイテムが揃います。

まず購入したのは、ストロー用洗浄用に作られた細いブラシ。

こんな便利な物があったなんて…

これで、ストローの中の汚れはある程度落ちました。

ですが、マグを分解してみると細かいところに汚れが!

毎日洗っていて、きれいにしているつもりだったのに。

頻繁にマグを分解して、きちんと洗わないとだめですね^^;

よく見る黒カビというのは、

60℃以上の温度で死滅するといわれています。

なので、我が家で使っていたマグも熱湯消毒してみました。

10分位60℃以上のお湯の中に浸けておき、

その後きれいに洗って乾燥させる。

細かい部分の汚れも浮いて、

少しこすってきれいになりました。

お鍋があれば簡単に出来るのでいいですね。

ですが、マグの種類によっては耐熱ではないものもあるので、注意が必要です。

そして、熱湯を扱う際はやけどに注意してくださいね!

煮沸とか時間ない!

というときは、ハイターを多めの水で薄めて30分位浸け置き、

その後、食器用洗剤でよく洗って流すという方法を試したら、

さすが、漂白剤!

短時間ですっきりきれいになりました。

直接漂白剤を吹き付けるタイプの物もありますが、

それを薄めて私は使っていました。

かなり薄めて使っていたので、

漂白剤独特のツンとくる臭いもなかったです。

子供の物に漂白剤を使うのは抵抗がある方もいるかもしれません。

哺乳瓶用の漂白剤もありますので、気になる方にはおすすめです。

ストローマグの汚れに多い茶渋!すっきりきれいにするコツを伝授!

ストローマグを使う子供

子供に飲ませるもので多いのが麦茶ではないでしょうか。

麦茶っておいしいけど、茶渋がつくんですよね。

茶渋には雑菌もつくということですので、きれいにしたい!

先ほど薄めた漂白剤もいいと言いましたが、

もっと安全に茶渋が取れるものがあります。

重曹です。

必要なものは、

  • 鍋(マグが入る大きさのもの)
  • 重曹

です。

重曹は、食用のものを使用しました。

鍋に水と重曹をいれます。

私はいつも大さじ1くらいの重曹をつかっていました。

そこに茶渋のついたマグを投入。

沸騰したら火を止めて、30分位放置します。

ちなみに、重曹水を加熱するとかなり泡立ち、

吹きこぼれて危険ですので、強火にしないようにしましょう。

その後、きれいに洗い流せばすっきりピカピカです!

頑固な汚れは、重曹ペーストを使ってこするときれいになります。

重曹も、100均に売っているもので十分です。

洗剤要らずできれいになると話題の、

アクリルたわしもおすすめですよ♪

アクリルたわしも100均で売っているので、

気になった方は見てみてくださいね^^

まとめ

黒カビや茶渋は、身近な存在だと思います。

子供が口にするものだから、常にきれいにしていたいと思いますが、

日々の忙しさから、ちょっとした汚れを見落としがちですよね。

ですが、家にある身近なものできれいにすることができるんです。

買い替えるのも一つの手ですが、

子供の成長と共にあるアイテムでもありますから、

思い入れのあるものもあるかもしれません。

大切なものをきれいにする方法、

合ったものを見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする