セーターは乾燥機で縮む?洗った時に起きやすいトラブルとは!?

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

セーターは乾燥機にかけると縮むのかどうか、

どんなトラブルが起きやすいのか、

気になることはいろいろあると思います。

今回はセーターの洗濯についてまとめていきます。

セーターの洗濯について悩んでいる人は、

参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

セーターを乾燥機にかけるってどうなの?コインランドリーで縮ませずに洗える?

セーターを乾燥機にかけるのは基本的にダメです!!

避けるようにしましょう。

家で洗う時には裏返してから畳んでネットに入れて、

洗濯もすすぎまでで終わらせます。

洗剤も、おしゃれ着洗い用の洗剤を使って洗濯するようにします。

でも、家で洗濯する時ばかりではなく、

コインランドリーを利用することもありますよね。

コインランドリーで洗濯をしても、

セーターを縮ませることなく洗うことができるのか気になりますよね。

家にある洗濯機を見てみるとドライコースがあり、

おしゃれ着洗いに適したコースがありますが、

コインランドリーでも最近はおしゃれ着洗いに適した洗濯ができるものもあるので、

コインランドリーでも洗濯することはできます。

でも、洗えるのは混紡のものだけだったりするので、

ウール100%・カシミヤ100%・シルク100%のものは洗えないので、

セーターの洗濯表示を確認するときに

素材の確認もするようにしてくださいね。

ただ、どこのコインランドリーにでも、

おしゃれ着洗いに対応している洗濯機があるとは限らないので、

近くのコインランドリーにそういった洗濯機があるかどうかを

事前に確認する必要はあります。

私も車で行ける範囲内のコインランドリーを10軒ほど回ってみましたが、

おしゃれ着洗いに対応しているものがあるところは2軒だけでした。

住んでいるところが田舎だから少ないだけなのかもしれませんが。笑

セーターは乾燥機に向かない!素材が縮みにくくても型崩れの原因に!

セーター

乾燥機を使えば干しておく時間も短くて済みますし、

「セーターも乾燥機にかけたい!!」

と思う気持ちはわかりますが、

乾燥機にかけるのは避けてください。

乾燥機は洗濯で濡れた衣類を乾かすためのものですから、

それだけ高温になります。

そのため、セーターを乾燥機にかけてしまうことで縮ませるだけでなく、

型崩れの原因にもなってしまいます。

セーターなどのニット類はもちろん、

乾燥機を避けた方が良い素材はいくつかあります。

綿や麻、絹やレーヨンなどの天然素材のものは

乾燥機を避けるようにしましょう。

ポリエステルなどの化学繊維は熱に強いとされていますが、

ナイロンやポリウレタンは熱に弱いため、

型崩れしてしまう可能性が高いんです。

最近では乾燥機付きの洗濯機も普及していて、

主婦にとっては嬉しい限りですが、

型崩れや縮みが起こる可能性がある素材も多いので注意してくださいね。

まとめ

乾燥機

寒い時期には、ただでさえ洗濯した後に乾くまで時間がかかってしまいますし、

乾きにくいものも多いですよね。

そこで大活躍してくれるのが乾燥機ですが、

なんでもかんでも乾燥機にかけては、

服が縮んでしまったり型崩れしてしまったりする原因になってしまいます。

せっかく上手に洗濯しても、

乾燥機で失敗してしまうのはもったいないですよね。

セーターなどのデリケートな素材でも洗濯機で洗えるものも多いですが、

洗剤はおしゃれ着洗い用のものを使って、

ドライコースで洗うようにしましょう。

コインランドリーに持って行くときには、

コインランドリーにおしゃれ着洗いに適したものがあるかどうか

確認してからにしてくださいね。

私の実感としては、

おしゃれ着洗いができるような洗濯機があるコインランドリーは少ないので、

セーターなどのデリケートなものを洗うときは、

乾燥機を使わずに家の洗濯機のドライコースを使って、

すすぎまでで終わらせるのがベストかなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする