ウールの洗濯を失敗したくない!型崩れなしで上手に洗う方法とは!?

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

服の素材でも使われることが多いウールは、

洗濯するのもドキドキですよね。

型崩れしたりしやすく失敗しやすい素材の1つですが、

ポイントを押さえれば洗濯での失敗を減らすことができます。

そこで、ウールのものを洗濯するときのポイントなど、

ウールのものを洗濯する時の注意点ついてまとめていきます。

スポンサーリンク

ウールの洗濯って型崩れが心配!失敗しないためのポイントは?

基本的なことですが、

ウールと言っても家で洗濯できるものもあればできないものもあるので、

まずは洗濯表示の確認は必ずしてくださいね。

ドライマークであっても水洗いができるものであれば、

家で洗濯することができます。

まずは、洗濯に使う洗剤ですが、

必ずおしゃれ着洗い用の洗剤を使って洗濯してください。

また、洗濯する前に汚れがひどい箇所がある場合には、

汚れがひどい箇所に直接おしゃれ着洗い用の洗剤をつけておいてくださいね。

そして洗濯機に入れる前には、

必ず裏返してからネットに畳んで入れてください。

ネットに入れずに洗濯をしてしまうと、

毛羽立ちや毛玉の原因にもなりますし、

服も毛糸が伸びてしまったりするので、

型崩れの原因になってしまいます。

次に気をつけたいのは洗うときに使う水の温度です。

ウールの場合は、冷たすぎても熱すぎても縮みやすくなってしまうため、

20度~30度くらいの常温を目安にしてくださいね。

ウールを洗う時には、ウール製品と他の素材のものを一緒に洗わず、

ウールのものだけを洗濯するようにしましょう。

ウールのセーターなどを洗うときに、

マフラーやニット帽など普段はあまり洗うことがないような

他のウール製品を一緒に洗濯するのもいいですね。

洗濯をするとき、普段は脱水まですると思いますが、

ウール製品を洗濯する場合には、

すすぎまでで終わらせるようにしてください。

すすぎまで終わったら洗濯機から取り出して、

バスタオルのような大きなタオルで挟んで、

水分をとるようにしてください。

ウールの洗濯は干し方にも注意が必要!上手な洗濯の方法!

ウール

ウール製品の洗濯には、干すときの干し方にも注意が必要です。

ウールのものを干すときには、ハンガーにかけて干すのはNGです。

日陰で平干しをするのが基本です。

日陰がない場合には、室内に干すのがいいですよ。

ウールのものを洗濯するときに失敗しないためのポイントをおさらいしましょう。

・洗濯表示を見て、水洗いができるものかどうか確認する

・必ずおしゃれ着洗い用の洗剤を使う

・汚れがひどい所には、おしゃれ着用の洗剤を直接つけておく

・裏返してから、きれいに畳んでネットに入れる

・水の温度は20度~30度くらいの常温の水で洗う

・すすぎまでで終わらせる

・干すときには、平干しにして日陰や室内に干す

手間に思うかもしれませんが、

このポイントを押さえておけば、

自宅でウールのものを洗濯しても、

失敗することが少なくて済みます。

まとめ

ウール

冬の寒い時期には着る機会も多くなる

ニットなどのウール製品ですが、

洗濯で失敗しやすく、

せっかく気に入っていたのに着れなくなってしまった…

なんてこともよくあります。

まだ着れるウール製品なのに、

洗濯で失敗してダメにしてしまうのは

もったいないですよね。

そうならないようにするためにも、

ここで紹介したポイントを覚えて、

上手に洗濯してきれいに長く着られるようにしましょう。

手間はかかりますが決して難しいことはないですし、

毎回クリーニングに出そうと思ったら、

それだけコストもかさみます。

最近では、自宅で洗濯ができるウール製品も増えているので、

これを機に自宅での洗濯に挑戦してみてください。

オシャレな服をきれいに長く着るために少しの手間をかけるか、

その手間を省いて失敗してダメにしてしまうか、

どちらがいいかは考えるまでもないですよね。笑

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする