桃の変色を防ぐには?変色しても食べられる?桃のおいしい保存方法も紹介

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

「甘くておいしいデザートといえば桃!」

好きな方も多いのではないでしょうか?

6月から9月ごろまで桃はたくさん採れます。

夏になると近所の方や親戚の方から桃をたくさんもらう、

なんていう人もいると思います。

桃をもらいすぎて、いつの間にか変色してしまった…

または、皮を剥いたはいいが、

なかなか消費できず知らず知らずのうちに変色してしまった、

なんていう経験はありませんか?!

変色してしまった桃は食べられるのかどうかわからず、

結局捨ててしまった方もいるのではないでしょうか!?

今回は、桃をできるだけおいしく食べられるように、

変色を防ぐ方法や保存する方法などをまとめてみました。

是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

桃ってすぐ変色するけど食べれる?変色を防ぐにはどうすればいいの?

「桃ってすぐ変色するけれど食べられるの?」

と疑問をもつ人も多いと思います。

私もその一人です。

たくさん買ってみたのはいいけれど、

皮を剥く前に結局黒くなってきたから廃棄してしまった…

ということもありました。

桃は変色したら食べられるのかどうかご存知ですか??

これには食べられる場合と食べられない場合の2通りがあります。

まず、食べられない場合の桃の変色は、

明らかにカビが生えているものです。

真っ黒になり、

ぐちゅぐちゅと液体が出てきてしまっているものは、

もう食べられません。

また、触ってみるとすぐに潰れてしまうのも特徴の一つです。

一方食べられる場合は、

一部が茶色く変色しているものです。

この場合は、変色してしまった部分だけ取り除けば

食べることができますよ♪

皮を剥いた後に、

「変色してきた!」

なんてこともあるかと思いますが、

この場合はたべられますのでご安心くださいね。

ですが、やはり新鮮なうちに食べる桃が一番おいしいですので、

早めに食べてくださいね♪

しかし、

「変色していくことはなるべく避けたい!」

「変色を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか?」

これには、『塩水』がおすすめです!

水1カップに塩を小さじ5分の1入れた塩水を準備して、

これに桃を入れておいてください。

塩の分量を多くしすぎると、

桃の甘さがなくなりますのでご注意くださいね。

他には、レモン汁もおすすめです!

レモン汁ならご家庭にあるという方も多いと思います。

これを桃にかけて、

密封された容器や袋に入れておくだけで、

変色を防ぐことができるのです。

簡単に防ぐことができる方法ですので、

是非試してみてくださいね。

桃の変色を戻す方法も!桃の上手な保存方法を紹介!

桃

桃の変色を戻す方法があるのであれば知りたいですよね!

「あるんですよ~!!!」

それが『桃のコンポート』です。

コンポートなんて難しい言葉を使わないでくれ…

という方もいますよね(笑)

おしゃれな言い方をしてしまい申し訳ありません!

コンポートとは、シロップで煮たものの意です。

簡単に言えば、

完成したものは桃の缶詰に似ていますかね~。

桃のコンポートは、

水と砂糖とレモン汁があれば簡単にできてしまいます。

3つを沸騰させたところに桃を投入するだけで完成です。

そうすれば、変色していた桃も、

新鮮だったあの頃に戻れますよ~♪

桃が大量にあるときは、

コンポートを作っておくことをおすすめします。

急な来客時にもミントを添えて出すだけで、

「あら不思議!」

おしゃれな一品に大変身ですよ♪

桃の正しい保存方法も知っておいてくださいね。

桃を冷蔵庫で保存している方はNGなのです!

甘さが減りますよ~…

桃は常温保存が正解です!

これでみなさんも桃を正しく保存できますね。

まとめ

桃のデザート

桃はすぐに変色してしまうイメージですから、

頻繁に自分で買う人も少ないですよね。

しかし、これであなたも変色を防ぐ方法や、

変色を戻す方法を知ったと思います!

ご家族でお友達でおいしく桃を食べてくださいね~!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする