みかんは冷凍保存もできる!食べきれない時のかんたん保存術!

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

みかんは箱で買うとたくさん入って安いので、

箱で買う人も多いと思います。

人から箱でもらうこともありますよね。

しかし箱で買うとなかなか食べ終わらないので、

下の方から腐ってしまうこともよくあります。

これを防ぐためにはどうするべきか?

みかんの冷凍での保存方法や、

冷凍保存したらどのくらいの期間が持つのかなどを

みていきましょう。

スポンサーリンク

みかんの保存方法に困ったら!冷凍すれば長持ち!皮ごとでもOK!

美味しいみかんをたくさん買ったら、

腐る前に食べたいところです。

しかし割とすぐにカビが生えたり、

腐ってしまったりしますよね。

箱の中で1つが腐ると、

隣にあるみかんも腐ってしまい、

どんどん腐っていってしまいます。

みかんの保存方法で大事なことは、

温度は5℃~10℃くらいで

風通しがいい場所や冷暗所が適しています。

夏場なら冷蔵庫での保存、

冬場は常温保存がいいでしょう。

みかんは常に水分が出ているため、

乾燥しやすくすぐに腐ってしまいます。

常温で保存する際は、

みかんを新聞紙に1つ1つくるんで段ボールで保存するか、

みかんを1つ1つくるむのがめんどくさい場合などは、

段ボールの底に新聞紙を敷くだけでも、

乾燥を防ぐ効果はあります。

みかんはヘタの部分のほうが比較的丈夫なので、

ヘタを下にして保存すると形が崩れにくく、

より長持ちするそうです。

風通しを良くするため、

箱のフタは開けて保存しましょう。

長持ちするとはいえ、

2~3日に一度カビが生えていないか、

腐っていないかなどを確認することが

必要だと思います。

冷蔵庫で保存する際は、

1つ1つラップにくるんで、

ポリ袋などに入れて保存しましょう。

常温で保存した場合も、

冷蔵庫で保存した場合も、

賞味期限は2~3週間ほどです。

もっと長く保存したい場合は、

冷凍庫で保存する方法がおすすめです。

冷凍庫で保存する際は、

皮をむいて保存する方法と、

皮をむかずに皮ごと冷凍する方法の、

2通りの保存方法があります。

まず皮をむいて保存する場合ですが、

皮をむき1房ずつ分けて冷凍し、

凍ったらフリーザーバッグにいれて、

よくフリーザーバッグの空気を抜いて保存します。

皮ごと冷凍保存する場合は、

一度冷凍庫で冷凍し、

凍ったら一旦冷凍庫から出して、

水にくぐらせてから再び冷凍します。

凍ったらフリーザーバッグか、

またはポリ袋に入れて保存します。

冷蔵保存の場合と同様に

フリーザーバッグの空気をしっかりと抜いて

保存しましょう。

一度凍らせて水にくぐらせると、

皮の周りに水の膜を作って、

乾燥を防ぐことが出来ます。

解凍する際は、

自然解凍で半解凍くらいに解かしてから食べると、

学校給食に出てくる冷凍みかんのようで

とても美味しいです。

急いでいる場合は、

軽くお湯にくぐらせると、

皮がむきやすくなります。

みかん冷凍したらどれくらいの期間もつの?気になる賞味期限は?

みかん

冷凍保存したみかんは、

だいたい1~3か月くらいの期間、

保存できます。

美味しく食べられるのは、

1か月くらいだそうです。

美味しく食べられるのは1か月ですが、

1か月過ぎても保存はできるので、

長い期間保存する人なら、

1年くらい保存する人もいるようです。

冷凍していても美味しさは落ちていくので、

なるべく早めに食べた方がいいでしょう。

まとめ

みかん

とても美味しいみかん、

腐らせるともったいないので

腐らせずに全部美味しく食べたいですよね。

冷凍保存をしても、

学校給食で食べたような冷凍みかんになって、

美味しく食べられますので、

腐ってしまう前に、

早めに冷凍してしまうのがおすすめです。

冷凍保存したみかんの場合、

美味しく食べられる期間は1か月ほどなので、

なるべく早めに食べきるようにすることが

よいのではないかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする