成人式に親の着物を着れば親孝行になる?そのまま着るのはちょっと・・・

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

一生に一度の成人式は、

おめかししていきたいですよね?

しかし親の着ていた着物が残っているという人も、

多いのではないでしょうか。

それを成人式に着ていくと親は喜んでくれそう。

でもそのまま着るのはサイズもイメージも合わないような気がして、

「少し恥ずかしいな」なんて思ったり。

というわけで今回は、

成人式に親の着物で親孝行するために、

どうやってそれを自分に合わせていくのか解説していきます。

スポンサーリンク

成人式に親の着物は恥ずかしい…そのまま着るのは躊躇しちゃう!

お母さんが来ていたころの着物は古いイメージがしてしまいますよね。

しかしお母さんの世代の着物は品質が良く高価なものが多いです。

最近は低価格に抑えようという志向が強く、

高価な品質の良い着物が売れなくなってきています。

レンタルで安く済ませる人も多いようです。

お母さん世代の着物は高価なものが多いです。

大人になるための式だということで、

良いものを買うという時代だったためでしょう。

低価格で作られている物はやはり

高価な着物と比べると仕上がりが劣ってしまいます。

低価格で買った新しい着物やレンタルで借りた着物を着ている人と並ぶと、

品質の良い高価なお母さんの着物はより際立つのではないでしょうか。

最近ではアンティークの着物が流行っており、

わざわざ年代物の着物を探して着ていく人もいます。

着物屋さんの話では、

新しい着物を買える家庭の人でも、

お母さんの着物を着たい娘さんと

自分の着物を着て欲しいお母さんの親子が

揃ってリフォームに来ることも多いそうです。

上記のことでわかる通り、

お母さんの着物を着る人が大変増えています。

お母さんの振袖を着ることを、

最近では「ママ振袖」というそうです。

自分が成人式で着た着物を子供に着てもらえるのは、

お母さんもとても嬉しいのではないでしょうか。

成人式で親の着物を着るならリメイク!小物は新しくして今風に!

赤い和傘をさす着物の女性

お母さんの着物を着ることでたくさんのメリットがあります。

〇低予算に抑えられる

〇今はやりのアンティークの着物が着られる。

〇人とかぶらない。

〇高価な着物なので低価格の着物を着ている人と並ぶとより際立つ。

〇お母さんが喜んでくれる。

以上のことが

お母さんの振袖を着るメリットになるのではないでしょうか。

しかしお母さんの着物を着る際に、

そのままでは着られない場合があります。

振袖なので長い間しまったままのことが多く、

カビやシミがついている可能性があります。

身長も親子で一緒ではないと思うので、

サイズを直してもらう必要があるでしょう。

ギリギリに用意して間に合わないと困るので

早めに準備するようにしましょう。

着物屋さんに持っていけば、

レンタルの料金かそれ以下でリフォームできるようです。

しかし汚れがひどいなどで、

料金が高くなってしまう場合があるので注意が必要です。

着物の古典柄は流行りがないのですが、

帯や帯締めなどは流行りのデザインがあります。

帯などの小物を今の流行りのものに替えるだけで、

お母さんの着物を活かした今風の素敵な着物になるはずです。

低予算で押さえたい場合は、

小物類を買わなくてもレンタルもしてくれるので、

そちらを利用するのもよいでしょう。

振袖は成人式だけでなく、

謝恩会や友達、親戚の結婚式、

卒業式の袴すがたなどいろいろな場面で使えます。

お母さんの着物だと、

成人式で人と同じということもないので良いのではないでしょうか。

まとめ

赤い和傘をさす着物の女性

新しい小物を使うことによって、

お母さんの着物を活かしつつ新しい着物に生まれ変わるので、

自分も嬉しいし、

お母さんも喜んでくれるのではないでしょうか。

アンティークの着物が流行っているので、

お母さんの着物がある人は、

高いお金をかけずにアンティークの着物が着られ、

人ともかぶらないのでいいことずくめなのではないでしょうか。

お母さんの着物を新たに生まれ変わらせて同じ着物を着れるということは、

思い出にもなるのでとてもおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする