血液型と性格に関係があるって本当!?気になる真相を解説!

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

血液型と性格に関係があるって、

本当でしょうか?

血液型占いなんかは、

友達との間や学校、職場などで、

必ずと言っていいほど話題に上がりますよね。

話はするけど詳しくはわからず、

時には決めつけられて、

傷ついてしまうこともありますよね。

血液型と性格には本当に関係があるのか、

海外ではどのように扱われているのか、

みていきましょう。

スポンサーリンク

血液型と性格に関連はあるの?その根拠とは?

血液型はA・B・O・ABの4つしかありません。

人間の性格を4つにわけることが出来れば簡単ですよね。

例えば「О型?」と聞かれて、

「そうなの」と答えると、

「やっぱり?」と言われることもあります。

「A型です」と答えて

「意外だね」と言われることもありますよね?

血液型を答えて「やっぱり?」と言われるのは

たまたまその人が血液型のイメージされている性格に

合っていただけなのだと思います。

血液型で分けられるならなぜ「意外」と、

言われる場合があるのでしょう。

それは血液型では性格を判断できないからではないでしょうか。

人間の性格はほとんどが育ってきた環境と、

親や周りの人の育て方などに関係があると思います。

日本人の血液型で4割なのがA型のようです。

A型はどんな性格と言われているのかを調べてみると

ほぼよいことばかり言われていました。

A型の次はO型→B型→AB型の順番で多いです。

A型の次に多いO型は

いいことも悪いことも半々で言われているようです。

B型の場合は悪く言われていることが多かったです。

少なくなるにつれていいイメージではなくなっています。

AB型に関してはかなりの少数ということもあってか、

独特で不思議な希少な感じで言われていることが多かったです。

日本人の4割がA型なので、

人数が多いA型にいいイメージがつくのも、

人数が少ないAB型に希少なイメージがつくのも、

不思議ではない気がします。

こんな話があります。

旦那さんがずっとこの血液型だと思って大人まで来ましたが、

子供が生まれて子供の血液型を調べたところ、

その旦那さんと奥さんからは生まれてこない血液型だったらしく、

調べなおしたら旦那さんの血液型が違っていたそうです。

そういう話もあるので、

血液型で人を判断することは出来ないと思います。

血液型と性格の関係性海外ではどう扱われているの?

多数の灰色の傘の中に1本だけ黄色の傘

血液型と性格の関係性に科学的根拠はないそうです。

一度血液型と性格の関係性があるという研究発表がされましたが、

のちに否定されました。

ある大学の講師が日米の10000人以上を対象にしてアンケート調査をしたところ、

血液型による性格の関連性は認められず、

血液型と性格は無関係という結論に至ったようです。

海外では血液型と性格を関連付ける国はごくわずかだそうです。

そもそも海外の人は血液型と性格に関係があると思ったことすらないようです。

日本のゲームのキャラクター紹介によく血液型が出てきますが、

海外の人はなぜ血液型が出てくるのかが不思議なのだそうです。

日本のゲーム会社は血液型を記載すると、

キャラクターの性格が説明しやすいからだそうです。

この話でも日本人は血液型と性格の関連づけをしていますが、

海外の人はまったく気にしていないことがわかります。

血液型と性格の関係に根拠があるなら、

世界中で話題になるはずですよね。

まとめ

赤いりんご2個に挟まれた灰色のりんご

研究の結果からも

血液型と性格の関連性は認められないそうです。

日本では血液型と性格を関連づけてしまいがちですが、

根拠がなく、

海外ではまったく気にされていません。

以上の結果から、

もし人から血液型で決めつけられて何か言われても

気にする必要はないでしょう。

逆に血液型で人を判断するようなことは、

しないように気を付けたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする