カーペットの染み抜き方法を知りたい!時間が経った物でも落とせる?

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

「カーペットについてしまったシミをなんとかしたい!」

「シミがついてしまって時間が経ったものでも落とせる方法があるの!?」

今回はそんな疑問をお持ちのあなたに、

カーペットの染み抜き方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

カーペットの汚れを取りたい!染み抜きに掃除機を使うって本当!?

ついうっかりしてラグやカーペットにコーヒー等をこぼしてしまった時、

汚れ取りにこの方法を試してみて下さい。

  1. ラグやカーペットのシミがついてしまった部分の下に雑巾を敷く
  2. 洗濯用の液体洗剤とぬるま湯を溶かしたものをシミの上から塗る
  3. シミの上に雑巾を当てて、掃除機で吸う

汚れた部分に液体洗剤をぬるま湯で溶かしたものを塗るときは、

あまりベタベタに濡らさず指先で触ったときに、

「濡れてるかな??」

と思う程度の水気が少なくなるようにしてくださいね。

掃除機で吸うときには、

掃除機のパワーを強にして吸い取ってくださいね。

これで汚れをこすって広げることもなく雑巾に汚れを移すことで、

ラグやカーペットの汚れを落とすことができるんです。

洗濯ができないものでも使える方法なので、

汚れを取るときには試してみてください。

カーペットの汚れを取るには、

汚れてしまったらすぐに掃除するのが一番です。

当たり前ですが時間が経ったシミよりも掃除しやすく、

落ちやすいからですね。

今までラグやカーペットに飲み物などをこぼしてしまったときに、

一番に手に取るものは何でしたか??

私は、雑巾でした。笑

我が家は子供が3人いるので、

ラグやカーペットにジュースなどをこぼされるのが日常茶飯事で、

その度に慌てて雑巾を手に取ってはトントン叩きまくり、

汚れを落とすためにかなりの時間と労力を使っていました。笑

しかし、この方法は本当に楽でした!!

掃除機を使った方法を知ってから何度か試したことがあるのですが、

簡単に汚れを落とすことができているので、

効果はあると思います。

ただ、ラグやカーペットの中心に近い部分に汚れがついてしまったときは、

ラグやカーペットの下に雑巾を敷くのが少しだけ大変ですが…笑

でも、汚れが落ちるまでひたすらトントン叩きまくるよりも

はるかに楽です!!

時間が経ったカーペットの染み抜きは?プロもやってる対処法!

ゴム手袋をつけカーペットの染み抜き

汚れてしまってすぐのものは落としやすいのはわかったけど、

「時間が経ってしまったシミ抜きは無理なの??」

と疑問が出てきますよね。

気づかないうちにシミができてしまっていたりすることもあると思います。

そんな時間が経ってしまったシミにも効果的な対処法が、

実はあるんです。

時間が経ってしまっているものは少し手間がかかりますが、

苦になるほどではないので、

参考にしていただけたらと思います。

酸素系の漂白剤と重曹を1:1で混ぜたものに、

少しだけ水を加えてペースト状にします。

シミがついてしまった部分のカーペットの下に雑巾を敷いてから、

シミの上にペーストを塗って、

少し時間を置いてください。

そうしたら汚れが浮き上がってくるので、

ぬるま湯でペーストを流しながら叩くと

きれいになりますよ。

それでも落ちない頑固な汚れの場合は、

使わなくなった歯ブラシでこするといいですよ。

「漂白剤を使って色落ちしないの??」

という疑問を持たれるかもしれませんが、

酸素系の漂白剤であれば、

色落ちの心配はほとんどありません。

まとめ

カーペットとスリッパ

毎日きちんと掃除していても、

気づかないうちにシミがついてしまっていることも

ありがちなことです。

でも、洗濯できないカーペットにシミがついてしまったからと言って、

その度に買い替える訳にもいきませんよね。

そんな時、洗濯できないものであっても、

ここで紹介させてもらった方法は使えるので、

試してみてください。

汚してしまってすぐのシミであれば、

掃除機の方法をぜひ試してみてほしいです!!

汚れてしまったらなるべく早く対処するのが一番です。

でも、なかなかそうもいかない時や、

気づかないうちについてしまうシミもあると思います。

その汚れに応じた方法を試してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする