油性ボールペンの染み抜きって自分でできる?自宅でやる方法は!?

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

ワイシャツのポケットやエプロンなどに

ボールペンをそのまま入れて

洗濯してしまったことはありませんか?

私も旦那の仕事着や、

自分のエプロンにそのまま入れて

洗濯してしまったことが何度もあります。

どちらも濃い色の服だったので、

ボールペンのインクが目立ちはしませんでしたが、

自宅で染み抜きができるなら、

知っておいて損はありませんよね。

自宅でできる油性ボールペンの染み抜き方法について

紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ボールペンごと洗濯しちゃった!染み抜きする?落ちない場合は?

プロのクリーニング店にお任せが

一番安全かもしれませんが、

もし簡単に自宅でできる方法があるなら

試してみませんか?

節約にもなります。

ぜひ自宅での染み抜きに

挑戦してみてください。

ボールペンのシミは、

油性、水性の種類があります。

衣類の素材やインクの種類により、

落ちる場合や落ちない場合があります。

特にゲルインクのボールペンは、

家庭で取るのが難しいようなので、

プロのクリーニング店にお任せするのが

いいかもしれません。

ボールペンの染み抜きをしたい!家でできる正しい対処法!

油性ボールペン2本

染み抜きを始める前には、

必ず色落ちテストを行うようにしましょう。

  • 染み抜き剤を作りましょう

ボールペンのシミは油性のシミなので、

消毒用エタノールを使用します。

エタノールなどの消毒用アルコールが効果的です。

消毒用エタノールと台所洗剤を同量混ぜます。

  • シミ部分を裏返しにしてタオルやペーパーを引きます。

シミ部分を裏返し、

下にタオルやキッチンペーパーなどを敷き、

ボールペンのシミ部分に直接当てます。

作成した染み抜き剤を

綿棒や使わない歯ブラシなどにつけ、

上からトントンとたたきます。

インクのシミを下のタオルやペーパーに移します。

  • シミ部分を簡単に水ですすぐ

シミを軽く水ですすぎます。

もしも輪ジミなどが発生したら、

洗剤をつけ揉みほぐします。

  • 洗濯する

シミが取れれば、

その衣類に合った洗濯方法を行います。

注意すること

基本的に染み抜きは洗濯前に行いましょう。

洗濯や乾燥を使うと、

取れにくくなることがあります。

他に油性に効果があるものとして、

「アルコールジェル」

「除光液」

などがあります。

しかし、

どれも完全にシミが落ちるというものではありません。

染み抜き剤を使用してトントンする時には

1度ではなく何度かやってみましょう。

その時に服が傷つかないように

優しく行ってください。

ゴシゴシこすってはいけません。

まとめ

歯ブラシ2本

いかがでしたか?

染み抜き方法としては簡単ですよね。

この方法は、

消毒用エタノールがあれば行える簡単なものです。

消毒用エタノールは

薬局などで簡単に手に入ります。

「自分はそんなことにはならない…」

と思っている方もいるかもしれませんが、

家族が失敗してしまった時や、

いざという時に知っていて損はありません。

染み抜きは、

時間がたつほど取れにくくなります。

見つけたら早めに行う方が良いでしょう。

今回は、

「油性」ボールペンの染み抜きの方法を紹介しましたが、

インクによって染み抜きの方法も違ってきます。

自宅で染み抜きに挑戦する場合は、

なんのインクの種類なのかを把握して行ったほうが

良いと思います。

しかし、

この方法でシミが100%取れるというものではないことを

覚えていてください。

方法は簡単ですし、

充分に試してみる価値はあると思いますが、

自分の期待通りに落ちない場合もあります。

この方法で取れれば良いですが、

自信がない場合や、

大事な物だから絶対失敗したくない場合などは、

プロのクリーニング店にお任せする方が

いいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする