過保護に育てられた子供は世間知らずに育っちゃう?将来に影響が!?

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

親になれば子供が心配で、

子供が何かをする際につい口出ししたり、

手を出したりしてしまいますよね。

でもいくら子供を思うが為でも、

度を越してしまうと、過保護になってしまいます。

そんな過保護が子供に与える影響と、

子供の将来についてみていきましょう。

スポンサーリンク

過保護が子供に与える影響ってどんなもの?考えられる悪影響!

「過保護」という言葉は聞いたことがあると思います。

私も長男が小さいころ、

子育てが初めてなのもあり、

少し過保護になってしまっていました。

子供が何か選ぶ時も先々のことを考えたりして、

子供が選ぶ前に、

「こっちのほうがいいんじゃない?」

と言ったり、

転ぶ前に転ばないように仕向けたりしていました。

やがて子供は何かあれば、

「ママが言って」

「ママがやって」

というようになってしまいました。

私が何か間違っているのではないかと、

思うようになったのは後になってからのことです。

下に二人男の子がいますが、

二人目からは、子育ても慣れてくるので、

割と見守りながら子育てが出来ていました。

弟たちは意思がはっきりしており、

「ああしたい」

「こうしたい」

など、はっきり意見を言えたり、

言われる前に考えて行動できます。

長男は、ご飯を食べに行っても、

「これとこれどっちにしたらいいと思う?」

と聞いてきて判断できないのに対し、

弟二人は即決します。

友達と遊んでいて帰りたいなと思っても、

長男は、帰れません。

弟たちは帰りたいと思った瞬間に、

帰ります。

もちろん遊びたくない日も同じです。

弟たちははっきりと断るのに対し、

断れずに遊んでしまうのです。

このように決断力がなく意思を伝えられません。

生まれ持ったものも多少あると思いますが、

過保護にしてしまった親の責任が大きいと思います。

過保護は子供を心配するあまり、

度を越えて手を出してしまったり、

すぐに欲しいものを与えてしまうので、

子供自身が成長できません。

過保護に育ててしまうと、

子供は以下のようになってしまいます。

  • 言われなければ出来ない。
  • 相手に意思を伝えられない。
  • 相手が何とかしてくれる。
  • なんでも親に聞いてしまう。
  • 自分で考えられない。
  • なんでも思い通りになると思ってしまう。
  • 失敗したときに、立ち直れない。

子供は自分で考えさせ、

自分でなんでも取り組ませ、

失敗を経験させることによって、

成長できるのです。

私も自分の間違いに気づいてからは、

すぐに手を出したり口出しをせず、

失敗するかもしれないと思っても、

見守るようにしました。

今では失敗も経験し自分で試行錯誤しながら、

少しづつですが自分で考えられるようになり、

自分で意思も伝えられるようになり、

社交的にもなってきたと思います。

小4になった息子が、来年の音楽会は、

「ピアノしようかな」

と言ってきました。

過保護の時の私なら、

ピアノを習っていないのに失敗してしまうんじゃないかと心配し、

止めていたと思いますが、

「やりたいならやってみたら」

と伝えました。

このまま気づかずに過保護を続けていたらと思うと、

少し怖いなと思います。

過保護にされた子供の将来は?自分では何もできないダメな大人に!?

母親と一緒に歩く子供

子供の時は、親から守られてきましたが、

大人になると家庭から社会に移っていきます。

過保護にされた子供は自分から何もせず、

上司からの指示がなければ仕事が出来ません。

考えることも意思の疎通も出来ないため、

周りの上司や同僚からの期待や信頼を得ることは、

出来ないのではないでしょうか。

大きく言えば社会に適応できません。

過保護に育てたばっかりに、

大人になって子供が、

辛い思いをする羽目になります。

子供の頃は失敗をしても守ってあげられるので、

たくさん失敗を経験させて、

立ち直れる力をつけてあげるべきです。

欲しいものがすぐに手に入る子供時代を過ごせば、

手に入れるための努力は身に付きませんし、

伝える力がなければ、

人とのコミュニケーションも取れません。

過保護にされた子供は、

大人になり生きていくのに、

大切なことがまったく身に付きません。

子供を信じてなんでも挑戦させることが、

子供を守ることになるのではないでしょうか。

まとめ

地図を広げる子供

過保護にされた子供は、

生きていくうえで必要な、

伝える力、考える力、努力、決断力

と大切な力が養われません。

自分が子供に対して過保護だと思ったときは、

子供から少し離れて見守る、

チャンスなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする