クリスマスイブとは何のためにあるの?っていうか何の日なの!?

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

12月になると、

クリスマスが楽しみだという人も多いですね。

デートの約束をしていたり、

プレゼントがもらえる日としてみんなウキウキしちゃいます。

お店もクリスマス商戦と題して、

いろんなものが売っていますしね。

さてそこで問題です。

「クリスマスとはいつ?」

「12月25日!」

「ではクリスマスイブは?」

「12月24日!」

はい! 半分正解です!

半分?

実は25日がクリスマス、

24日がイブというのはちょっと違うのですね。

そこでクリスマスと、

クリスマスイブとは何かということを解説しますね。

スポンサーリンク

クリスマスイブとはそもそも何なの?

クリスマスとは、

12月25日にキリストの生誕祭として、

みんなでお祝いする日と思ってませんか?

正確に言うと、

イエス・キリストの誕生日は12月25日ではないようです。

じゃあ、いつ?

という疑問がありますが、

これははっきりとしたことは分からないようで、

キリスト教でも宗派によって違いますし、

国によってもクリスマスのお祝いは違ってくるようです。

日本はキリスト教徒は少ないのですが、

今では一種のイベントとして定着していますよね。

キリストの誕生日というより、

クリスマスという名前のお祭りに近いものがありますよね。

クリスマスのお祭りが12月24日・25日あり、

本番は25日で24日はイブという名前の前夜祭というイメージですか?

本来の定義を調べますと、

・クリスマス:12月24日の日没から12月25日の日没まで

・イブ:12月24日の日没から深夜の0時まで

ということらしいです。

イブはイブニング(夜)という意味です。

そしてクリスマスは24日の日没から始まっていますので、

24日の日没から0時までの約6時間のことをだけをクリスマスイブ、

と言ってもいいということになります。

ちょっとややこしいですね。

25日の夜はもうクリスマスは終わっているので、

何でもない普通の日の夜ということになっちゃいます。

25日の晩にケーキを食べながらパーティーをしていても、

それはクリスマスパーティーじゃなく、

ただのケーキを食べる集まりということになってしまいます。

クリスマスイブとはどんなもの?きちんとした意味を知っておこう!

クリスマスの飾り付け

クリスマスとは、

ラテン語のchrist(キリスト)+mas(ミサ)から来ています。

そしてイブはevening(夜)の略です。

正確に言うと、

クリスマスイブニングですね。

25日の夜はクリスマスは終わっているので、

『何でもない日のイブ(イブニング=夜)』

12月31日の夜は、

『大晦日イブ』と言えるかもしれません。

前の日の晩という意味ではありませんので、

『お正月イブ』という言葉は大晦日には使えません。

このように言うと、

『ひな祭りイブ』『ハロウィンイブ』『私の誕生日イブ』

という使い方もできることになりますね。

いや~このイブの使い方は、

なんだかちょっと違うでしょう。

ということはイブだけだと毎晩のことを指しますので、

正確には『クリスマスイブ』というように、

クリスマスという言葉を付けなければいけないのです。

イブだけだと「夜」と言っているようなもので、

いつの事かわからないということになりますね。

昔は23日のことを『イブイブ』などと呼ぶこともあったのですが、

イブが前日という意味でない以上、

『イブイブ』という言葉は全然間違っているということです。

まとめ

クリスマスケーキ

正確に言うとクリスマスは12月24日の日没から25日の日没までで、

クリスマスイブは24日の日没から深夜の0時までということです。

まあごちゃごちゃと書きましたが、

現在では24日はクリスマスの前の日のお祭りでクリスマスイブと呼び、

25日は本当のクリスマスでいいのではないでしょうか?

日本は仏教徒が多いのに、

結婚式や初詣は神社に、

お葬式は仏教、

キリスト教のお祝いであるクリスマスを楽しんだり、

とちょっと変わっていますよね。

もうこうなったら恒例のイベント・お祭りということで、

細かいことは気にせずに子供も大人も24日も25日も家族や恋人、

友人や仲間たちとケーキやチキンを食べながら、

盛り上がってもいいのではないでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする