顔の産毛処理に脱毛クリームがいいってホント?みんなの脱毛ガイド!

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

暑い季節が近づいてくると、身体のムダ毛が気になりますよね。

見える部分はしっかりやっていると思いますが、

顔の産毛はどうですか?

産毛が生えてくると、メイクのノリが悪くなったりしますよね。

皆さんはどのように処理していますか?

スポンサーリンク

産毛の処理には脱毛クリームがおすすめ!?その理由は?

私はよく、カミソリでムダ毛の処理をします。

とにかくめんどくさがりなので、お風呂に入ったついでにやることがほとんど。

急いでやるので時々傷ついて、血が出たりしてます。

カミソリで出来た傷って、血がすごい出るのでほんとに恐怖を感じます。

傷も年々消えにくくなってしまって、跡になってしまう場合も。

何か他に方法はないかなぁと色々調べていたら、

「脱毛クリーム」がいいということで、実際に使ってみました!

脱毛クリーム、いくつか種類があります。

  • 洗い流すタイプ
  • 乾いたらはがすタイプ
  • 塗ったところをこするタイプ

痛みには強いほうですが、乾いたらはがすタイプは嫌だったので(笑)、

手軽に出来そうな、洗い流すタイプを選びました。

まずは、パッチテストです。

自分の肌に合っているか、いないかを判断するテストになります。

パッチテストをせずに使用すると、

合わなかったときにひどい目に合うので、

必ず行ってくださいね。

そしてきちんと付属の説明書を読みましょう。

使用が大丈夫と分かれば、使い方は簡単です。

脱毛したい場所にクリームをべったり塗る。

事前にお風呂に入って体を温め、

毛を柔らかくしておくのもいいかもしれません。

説明書に記載の放置時間を守って、少し時間を置きます。

5分ほどおいて、私はティッシュでふき取りました。

強くこすらず、やさしく拭くようにしましょう。

そして、シャワーで流す。

簡単すぎる!

もっとピリピリ痛いかと思ったけど大丈夫だったし、

シャワーで流した時の感動と言ったらもう…

つるつるになって、カミソリでやっていたのは何だったんだという感じです。

塗るだけで、広範囲をいっぺんにできるし簡単でした。

脱毛クリームは、アルカリ性の成分が含まれたクリームです。

髪の毛をはじめとする、身体の毛はタンパク質で出来ていますから、

毛を溶かしてくれるという仕組みです。

ちなみに、爪もタンパク質でできているので、溶けると大変!

クリームが手につかないように手袋の使用をおすすめします。

カミソリで処理したときは、

「埋没毛」といって、

傷ついた皮膚でふさがった毛穴に毛が埋もれてしまうということが多くあったのですが、

脱毛クリームは毛を溶かしてくれて、

お肌の保湿成分が含まれている物だったので、

使用後は本当にきれいでした。

脱毛クリームの種類や個人差もありますが、

10日~1か月くらいきれいな状態が続くので、

カミソリの処理に嫌気がさしている人は、

脱毛クリームおすすめです!

産毛を脱毛したい!でも顔のムダ毛処理には注意が必要!

では、顔の産毛はどうでしょうか。

顔の産毛が生えてくると、メイクのノリが悪くなって、

なんとなく、肌がくすんで見えませんか?

私は、カミソリで処理していますが、

足を脱毛クリームできれいにしたので、

顔もできないかぁと考えました。

でも、市販されている脱毛クリームは、ほとんどの物が、顔への使用はNGとなっています。

いくら低刺激のものであっても、

足のムダ毛とは違って、顔の産毛は柔らかし、皮膚も敏感です。

基本的には、顔への使用はNGとなっていますので、

使用する際は、自己判断のもとで使用することになります。

最近では、産毛の抑制効果のあるクリームも販売しているそう。

気になる方はチェックしてみるといいですよ。

ちなみに、私はよく理容室に行きます。

顔そりをしてもらうのですが、本当におすすめです!

自分で剃るのとは全然ちがって、仕上がりはツルツル。

しかも、生えてくるまでの時間が全然ちがいますよ!

どうやら、産毛だけではなく、

古い角質も一緒に取り除いてくれる効果もあるそう。

もっと本格的に顔の産毛の処理を望む場合、

やはり、脱毛サロンでお願いするのがいいと思います。

プロが、1人ひとりきちんとカウンセリングして、

その人に合った方法で施術してくれるので、安心です。

ですが、すぐに全部生えてこないというわけではないので、

長いスパンで考えたほうがよさそうです。

まとめ

毛の濃さというのは、遺伝的なものもありますが、

生活習慣も大きくかかわっていると言われています。

生活習慣の乱れからホルモンバランスが崩れ、

女性ホルモンの減少で、毛が濃くなる仕組みです。

食事や運動に気を付け、寝不足など、

ストレスがたまらないように心掛けたいものですね。

ですが、産毛がストレスになっては元も子もないので、

あなたに合った、処理方法をさがしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする