豆まきと恵方巻きはどっちが先が正しいの?順番とその意味を解説

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

「鬼は~外、福は~内」と大きな声が響く節分の豆まき、

多くのご家庭で行われる春の行事ですね!

最近では「豆まき」のほかに、

「恵方巻き」を食べるお家も多くなりましたね!

デパートやスーパー、

コンビニなどでも売られている「恵方巻き」

いろんな種類があって、

どんな「恵方巻き」にするか楽しみですね。

手作りで作ってますという家庭も多いことでしょう。

ところで、みなさんのおうちでは、

豆まきをしてから恵方巻きを食べますか?

恵方巻きを食べてから、豆まきをしますか?

私のうちでは、その年によって、

鬼役のお父さんが帰ってきているときは、

豆まきを先にしてから恵方巻きを食べたり、

鬼役が帰ってきていないときは、

恵方巻きを食べてから豆まきしたり……?

私が子どものころにはなかった「恵方巻き」の行事でしたので、

な~んとなく行ってしまっていました。

本当は正しいやり方があるのでしょうか?

というわけで今回は、

節分での豆まきと恵方巻き、

どっちを先にしたらいいのかご紹介します。

スポンサーリンク

豆まきと恵方巻きのどっちが先?正しい順番はこうだった!

順番でいえば……

「豆まき」をしてから「恵方巻き」が理想的です。

節分の豆まきは歴史も古く、

昔、暴れる鬼が出たとき、

お坊さまが大豆を鬼の目に投げつけたところ、

鬼を退治できたという話が残っており、

魔目(まめ)に豆を投げつけて、

「魔を滅する」で魔滅(まめ)という言い伝えがあり、

平安時代の宮中行事としても行われていたそうです。

一方、「恵方巻き」は関西地方で行われていた風習を、

コンビニが「恵方巻き」として大々的に売り出したため、

全国に広まった行事です。

もともとは関西地方の商人や芸子さんが、

商売繁盛を祈り「のり巻き」を食べる習慣があったようです。

「のり巻き」そのものが、

福を巻き込むという縁起物ですし、

鬼の金棒に見立てている意味もあるそうです。

と、いうことは、

「豆まき」と「恵方巻き」はもともと、

別の行事なのですが……

そうはいっても、

「豆まき」してから「恵方巻き」を行ったほうがいいでしょう。

なぜ、「豆まき」から「恵方巻き」なのか?

そもそも、「豆まき」と「恵方巻き」にはどんな意味があるのでしょう?

どっちが先かにどんな意味があるの?

豆まきと恵方巻き

まず、「豆まき」は、立春の前日に行われる行事ですが、

季節の変わり目には邪気や鬼が出やすいということで、

邪気や鬼を追い払うために行われてきました。

鬼は夜に出るといわれていますので、

鬼が出る前、夕方くらいに豆まきを行うのが良いようです。

「豆まき」で家の中の、邪気や鬼を追い払い、清めます。

そして「恵方巻き」は、

巻きずしを節分の夜にその年の恵方を向いて、

言葉を発せずに一本まるごと切らずに食べると、

福や運を切らないという意味があります。

願いが叶うとか、

幸せになれるといわれています。

ということは、

「豆まき」で家の中から邪気や鬼を締め出し、

家の中の厄をはらってから、

その年の運気を呼び込むために「恵方巻き」を食べるとよいのです!

まとめ

節分の豆撒き

毎年、

「豆まき」と「恵方巻き」どっちにしょうかなあ?

と、もやもやしてましたが、

その意味を考えて行うとすっきりしますね。

一年の家内安全や幸福を神様にお願いしながら、

行いたい日本の行事です。

一年の邪や鬼を家の中から追いはらう「豆まき」

そして、その年の幸福をお願いする「恵方巻き」

この順番で節分の行事を行えば、

一年おだやかにすごせそうですね!

ただ先に書いたように、

歴史的には別に始まった行事。

そうしなければ絶対にダメ!

という順番ではないので、

家族の都合がどうしても合わないときは、

どちらが先になってしまっても構わないと思います。

その家庭、その家庭で、

楽しい「節分」にしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする