元彼に連絡したいと思っちゃう…寂しくなってもしない方がベター!?

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

別れた彼を思い出し、

会いたいなーと思っていませんか?

別れはひとそれぞれですが、

ふとした瞬間に元彼を思い出してしまう時ってありますよね。

でも連絡したら、どう思われるだろう?

彼にとって私はどんな存在になるんだろうと、

不安になりますよね。

我慢した方がいいのか、

連絡してしまってもいいのか、

一緒に考えてみましょう。

スポンサーリンク

元彼が恋しくなったら!向こうからの連絡を待つ方が復縁の可能性が⁈

元彼からの連絡を待つ女性

元彼が恋しい!

でも自分から連絡するのが怖い!

その気持ち、すごく分かります。

ですが待ってばかりいても、

元彼があなたに未練がない場合は、

連絡がこない可能性もあります。

待っているだけでは何も変わりません。

そんな時は勇気を出して、

あなたの方から連絡してみましょう。

ただ、別れてすぐは避けてください。

元彼があなたに未練がない場合、

あなたからのメールは「復縁」を発想させます。

最初から、復縁したいと、

すがるのはやめましょう。

そんなところを見せると、

元彼との距離がさらに広がってしまいます。

最初は、友達として軽い感じで、

返事がなくても気にしないようにしましょう。

元彼が返事に困らないような内容で、

楽しい気持ちになるものにしましょう。

返信がきたからといって、

連続してすぐにまた返すのもよくありません。

今のあなたは「元カノ」なのです。

男性は、女性よりも精神年齢が低いところがあり、

いつまでも昔の格好良かった自慢、

活躍した自慢など、

現在や未来より楽しかった過去を大事にします。

ですから、あなたと連絡を取り合っているうちに、

付き合っていた頃の楽しかったことを思い出し、

復縁したいと思ってくれるかもしれません。

また、付き合った年月や、別れた理由も関係するでしょう。

別れた理由があなたにある場合、

変化したあなたを見せることで、

「前より魅力的になった」と感じてくれるかもしれません。

元彼に連絡したくなっても我慢すべき!都合のいい女にならない方法!

元彼のことを考える女性

でもまず落ち着いてみましょう。

そもそも、どうして元彼と連絡取りたいのか考えてみてください。

私の友人や、私自身も経験しましたが、

寂しいからという理由の場合がありますよね?

今まで一緒にいた時間や、

連絡をとりあっていた時間が急になくなると、

どうしたらいいかわからず、急に寂しく感じてしまいます。

もしも、寂しいという理由で連絡したいのだったら考えてみてください。

元彼と連絡を取り合ったら、

寂しさはなくなるのでしょうか。

もしかしたら彼から、

今の彼女との話をされるかもしれません。

そっちの方が寂しさを強く感じてしまいませんか?

これも男性全員あてはまることではありませんが、

体目的で元カノと会うという方もいます。

男性が元カノと会う理由として多いのが、

・体目的
・自分のことをまだ好きだとおもっている
・今の不満を聞いてもらいたい
・今の彼女とうまくいっていない

など、

結構、自己中心的な考えが多いと思いませんか?

このまま連絡を取っても、

都合のいい女になってしまいます。

そんなの嫌ですよね。

では都合のいい女にならないために、

どんな方法があるのでしょうか?

連絡を取ってしまった場合は、

相手に流されないようにしましょう。

連絡してすぐに2人で会おうとするのはやめましょう。

本気で復縁したいのであれば、

また「彼女」になるまで、

健全な関係を続けた方がいいです。

一度でも元カノ、

元彼のまま体の関係をもってしまうと、

ズルズルと続いてしまう可能性もあります。

私がすすめるのは、

一人の時間を楽しむ、自分を磨く方法です。

どんなことでもいいので、

自分を大切にして、前向きに過ごしましょう。

読書、ダイエット、メイク、ファッション、

料理、友達とカラオケなどなんでもいいんです。

そうやって過ごすうちに、

きっと新しい出会いがあるのではないでしょうか。

また、別れたということは、

何か理由がありますよね。

復縁しても、

一度目で別れた理由をしっかり解決していなくては、

また同じことで別れてしまうことになりかねません。

まとめ

本気で復縁したいのであれば、

連絡するのはありだと思います。

しかし、しっかり見極めましょう。

自分が復縁したくても、

相手は同じ気持ちとは限りません。

あなたを都合のいい女にしてしまう可能性もあるのです。

自分を「都合のいい女」にしてしまわないように、

自分を大切にしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする