共働きで家事をしない夫って何なの!妻の家事負担を減らすには?

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

最近は共働きの方が多いですよね。

世間では、

「家事は男女平等!」

と言いますが、本当にそうでしょうか?

きっと、まだまだ妻の(私の)負担が多くて、

イライラ、悩んでる方多いんじゃないでしょうか?

というわけで今回は、

  • 実際の家事の分担
  • 夫婦で家事の意識が違う
  • 旦那様にわかっていただく方法
  • 家事の効率化と時短テクニック!

についてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

今どき多い共働き!家事分担の割合はまだまだ女性が多かった!

家事をしない夫

共働きの家庭では、

「家事は平等にするのが一般的」

とは言うものの、

実際に家事の分担の割合はどうなっているのでしょうか?

データ(内閣府 平成21年度インターネット等による少子化対策の点検・評価のための利用者意向調査 第2章4、4夫婦の家事・育児の分担割合)によると、夫婦とも正規従業員だと、

夫1:妻9 夫2:妻8 夫3:妻7

この割合が全体の半分を占めていました。

やっぱり共働きとはいえ、

実際に女性の方がまだまだ家事の負担が多いんです。

ここからは、

そのデータに面白いことが載っていたのでお話しします。

それは、

「夫婦で家事の意識が違う」と言うことです。

“子供がいない夫婦の家事割合満足度” → なんと7割型満足!

“子供がいる夫婦の家事割合満足度” → 5割

なんだか、データを見ておもわず納得してしまいました。

私も主人と結婚したときは、

掃除に洗濯と、家事を一緒にやってくれる主人に大満足でした。

それが一変、長女が生まれてからは、

今まで通り家事を手伝ってくれるんだけど、なぜか不満。

きっと、これって女性は子供が生まれると、

家事の中に「育児」が勝手に盛り込まれるんですよね。

でも旦那さんには「育児」が入っていない。

きっと、今までの「家事」を素直にやっているんです。

妻は「育児も含めた家事」

旦那は「家事」

ここが一番の問題なのだと思います。

旦那さんにわかってもらう方法は、

とにかく「話す」ことです。

お子さんが生まれたら、一度家事について、

二人で話し合ってみてください。

きっと旦那さんの家事の中に、育児は入っていません。

二人の意識が違っているだけだと思います。

今までの家事プラスαを二人でしっかり話し合って、

あらためて分担しましょう!

そうすれば負担の割合も、

二人にとってちょうど良いものになると思いますよ。

共働きでも家事を回していくには効率化が必要!家事時短テクニック5ヶ条!

家事をしない夫

共働きで、お子さんまでいると、静かなときは寝ているときだけ。

後は朝の短い時間、帰ってきてから子供を寝かせた後。

家事ができる時間は限られていますよね。

だからこそ“効率化”と“時短”は必要です。

そんなお悩みを持つ方に、

家事の時短テクニックを紹介します。

共働きの家事効率化におすすめ!家事の時短テクニック5ヶ条

1、 毎日の掃除はルーティーンを決める

トイレ、洗面所、お風呂場など、

自分が毎日使ったときにササッと掃除するだけ。

一見面倒くさそうでけど、慣れてしまえば逆に楽になります。

週末に先送りして溜め込みがちな水回りもやらなくてすみます!

あと、クイックルワイパーだと、寝る前にササッとできます。

そして、一日、二日くらいはやらなくったて大丈夫です!

負担にならないようにしましょうね。

2、 買い物は休日にまとめて

食料品のまとめ買いは、平日時間がない方にとっては効率的です!

毎日お店で悩むより、もう家にこれがあるから、今日のご飯はこれ!

なんて、すぐ用意ができますよね。

3、 食事の準備と後片付けはチン!とワンプレート!

究極の時短!電子レンジを使いましょう。

絶対に手作りじゃないとダメと言う方も、

時間のあるときに、コロッケや餃子、

煮物なんかも一度小分けにして冷凍しておけば、

手作りだけど時短!ができます。

もちろん、買ったものをチンしても全然良いです!

作って時間がなくなってイライラより、

自分が笑顔でいられる方を選びましょう。

あと、忙しいときは汁物以外をワンプレートで出すと、

後片付けの時短になりますよ♪

ちなみに我が家はこれです。

食器洗いが10分程度で終了です。

4、 平日使うおもちゃは一つの入れ物にまとめよう!

一番大変なのが、一日の終わりに、

散らかったおもちゃを片付けることだと私は思います。

そんなおもちゃは「これだけ!」と決めて、

1つの箱に入れて置きましょう。

片付けは、その箱に入れておしまい!

5、 月に何度か、家のリセット日を作ろう

夫婦で家事を分担しても、子供の具合が悪くて掃除できなかったり、

お互い仕事でできなかったりすることがあります。

そんなときは「明日は家のリセット日」と決めて、

たまった掃除をするようにしましょう。

家事をお互い気持ちよくする方法は、

「お互いにできなかったことを責めない!」

ことだと思います。

まとめ

きっと今、旦那さんに、

「家事をしてくれない!」

「なんで私ばっかり?」

なんて思っていると思います。

実際、まだ女性の方が家事分担は多いです。

でも、我慢しないでください。

まずは旦那さんと、

家事に対する意識が一緒かどうか話しましょう。

家事=家のこと+育児 → その上で分担してみましょう。

そして共働きの家事の効率化、

「時短テクニック5ヶ条!」を、

ぜひ今日から実行してみてください。

少しでもあなたの気持ちが、

少しでも楽になれば良いなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする