雪道を車で走るならノーマルタイヤは絶対ダメ!雪道の危険性と対策!

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

寒くなると、いよいよウィンタースポーツの季節ですね!

スキー場に行くには雪道を運転しないと…

という危険がついてきます。

なのでここでは、

事故なく楽しい思い出を作るために、

  • 雪道をノーマルタイヤで走る危険性!
  • 雪道走行の必需品はこれ!
  • 雪道運転の注意点!
  • スリップを防ぐ安全運転のコツとポイントは?

以上、これだけしっかり覚えておけば、安全に雪道を運転できる!!

そんなお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

雪道を車で走るときの装備とは?タイヤチェーンや雪下ろしなど必需品一覧!

雪道にノーマルタイヤ

まず、雪道をノーマルタイヤの車で走ることは、

沖縄県以外では反則金が科せられる場合があります。

そもそも交通違反なんです!

では、具体的に危険性を言いますね。

雪道をノーマルタイヤで走ると、

  • 止まらない! → どこにでも突っ込みます
  • 滑る!    → どんなものにもぶつかります
  • スリップする → 自分も他人も巻き込みます、全てを巻き込みます。

書いてるだけでも恐怖です。

雪道をノーマルタイヤの車で走ることは、自殺行為です。

言い過ぎではありません。

それぐらい本当に危険なことです。

雪道にノーマルタイヤは絶対やめましょうね。

ぜひスタッドレスタイヤ、

もしくはチェーンをつけて雪道を走ってほしいです。

ただ雪道って、スタッドレスタイヤを履いていればそれでOK?

と言うと、そうではないんですよね。

タイヤだけでは不十分なんです。

というわけで、

雪道走行の必需品をご紹介いたします。

雪道を走るときの装備と必需品一覧

・チェーン(+スタットレスでアイスバーンにも対応できます)

・ブースターケーブル(バッテリー関係のトラブルに)

・ブラシ(窓や雪に使えます!)

・スクレーパー(窓ガラスに使えます!)

・三角表示番、非常灯(何かあったときに知らせることができ、追突防止にもなります)

・軍手、タオル、長靴、懐中電灯、防寒着(チェーンの装着や、車外での作業に必要)

・スコップ(タイヤの下に敷いて滑り止め、雪を掻き分けるときに必要)

・牽引ロープ(スリップで道から外れたときに使えます!)

ここにあるものさえ車内に装備してあれば、もう安心です。

揃えるのは面倒かも知れませんが、

一度揃えてしまえば後は車のトランクに入れておくだけ!

スタッドレスタイヤを履いていても、

車がスリップすることはないとは言い切れません。

備えておくと、安心ですよ。

雪道で車を運転する時の注意点!スリップを防ぐ安全運転のコツとポイント!

雪道を走る車

雪道の運転は、慣れていてもヒヤッとすることがあるくらい、とても難しいものです。

神経質になってしまうのも仕方ありません。

でも、しっかり注意点さえ守っておけば、安心して運転できます。

ぜひ、注意点を覚えてもらって、運転してみてください!

雪道運転の注意点

・急ハンドル、急ブレーキはしない(丁寧にブレーキ、ハンドルをきることで安全運転)

・車間距離はいつもの3倍とろう(なるべく単独走行になるように)

・轍に沿って走る(ストック防止になる)

・ABSとポンピングブレーキを上手く使おう(制動距離が短くすむ)

・トンネルの出口は注意(トンネル内は積雪がないためスピードが出て、出口で滑ることがある!)

・路肩も注意(側溝に落ちる可能性があるので)

・スタックした場合の脱出方法を知っておく(タイヤの空回り状態、タオルをしいてタイヤに絡ませて!)

これだけ覚えておきましょう。

まとめ

はじめは怖いことを書きましたが、

危険性を知っていなければ安全運転はできませんよね?

“雪道でノーマルタイヤは怖い”

必ずスタッドレスタイヤかチェーンを装着しましょう。

今はレンタルでも、オプションでつけられます。

そしてしっかり注意点を守って運転すれば、

安全に走行できます!

ぜひ、ご紹介した装備一覧を車にのせて、

注意点を守って運転していただいて、

楽しい思い出を作ってきていただければと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする