年末大掃除のトイレ問題!意外とたまっている汚れをスッキリ綺麗に!

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

みなさんは、年末のトイレの大掃除はどのようにしていますか?

年末の大掃除の時、

リビングや玄関がメインになってしまい、

トイレ掃除を忘れてしまうという方、多いと思います!

年末に大掃除をするのなら、

トイレの中も隅から隅までピカピカにしましょう!

トイレの意外なところに、汚れはたまっていますよ!

こちらでは年末の大掃除に役立つ、

トイレの掃除方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

大掃除の時にやっておきたいトイレの壁!意外と汚れがついている!

トイレ

今日は、トイレの大掃除からご紹介したいと思います。

トイレは家の中で、

1番といっても過言ではないくらい頻繁に使う場所だと思います。

なので便座をこまめに吹いたり、

磨いたりする家庭は多いかもしれません。

ですがみなさん、

トイレの壁はどうでしょうか?

まずはトイレの壁に注目していきたいと思います。

トイレの壁の黒ずみの正体は、主に黒カビです。

トイレは、便器の水を流す時に水しぶきが飛んでしまったり、

いくら換気をしても湿気がこもりやすい場所です。

それだけではなく、ホコリも付着しやすいのです!!

そのホコリが、カビの餌になってしまうので、

繁殖しやすくなります。

またトイレは、黒ずみだけではなく黄ばみもあります。

黄ばみの正体は、

主に飛び散った尿が放置されてできたものです。

これが臭いの原因になっている事が大半です。

さて順番に掃除方法を見ていきましょう。

まずは、トイレの壁の黒ずみのお掃除方法をご紹介したいと思います。

トイレの壁の黒ずみには、

消毒用のエタノールをスプレーします。

すこし時間を置いてから、

雑巾やトイレットペーパーで拭き取れば、

よほどしつこい黒カビでない限り、すんなりと落とせます。

なかなか落ちない黒カビには、

エタノールスプレーをふきかけたスポンジでこすってみてください!

あら不思議、綺麗に取れちゃいますよ!

ちなみに消毒用のエタノールは、薬局で購入できます。

さて続いては、トイレの壁の黄ばみのお掃除方法です。

黄ばみにはトイレ用の中性洗剤を使えば、

わりと簡単に落とせます。

中性洗剤が手元にない場合は、

クエン酸か、重曹か、セスキ炭酸ソーダで拭き取るのもアリですよ。

トイレの汚れは頑固そうですが、案外あっさり取れるのですね!

トイレ大掃除のやり方!綺麗にするためのポイントとコツ!

トイレの便器掃除

トイレの壁の汚れの取り方がわかったので、

今度は掃除のやり方をご紹介したいと思います。

まずは掃除用品ですが、

使い捨てのものを準備しましょう。

使い回さないので、とても衛生的ですね。

100円ショップなどで、

重曹を含んだトイレの掃除用品が売っていますので、

こちらを使いましょう。

①1番最初に、便器の中を掃除しましょう。

掃除をしているときに、水が飛び散ってもあとから拭くことができます。

②タンクの周りを掃除します。

ここは比較的あまり汚れていないので、ささっと済ませちゃいましょう。

③次に便器です!

ここが1番汚れているご家庭がほとんどだと思います。

まずは内部から。

トイレのフタと表と裏、便座の表を綺麗にしましょう。

これを済ませてから、便器の外側を拭いていきます。

④そして臭いの元を掃除していきましょう。

アンモニア臭がしていると、トイレにいきたくなくなりますよね…。

ここはしっかりと拭き掃除をしていきます!

⑤一通り拭いたら、1番汚れがひどい部分を掃除していきます。

便座の裏側、便器のふちの部分は、

だいぶ汚れがたまっているはず(><)

まとめ

トイレ掃除に大切なのは、「順番」です。

汚れが目立っているところを見ると、

どうしてもそこから掃除したくなりますが、

トイレ掃除の場合は、

軽い汚れから落としていくのが基本です。

トイレに限らず汚れは蓄積されてしまうので、

毎日少しでも掃除できればいいのですが、

仕事や育児があると、なかなか難しいですよね。

今年の年末のお掃除は、しっかりトイレも大掃除しちゃいましょう^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする